オリジナルレザーを使用して、手にフィット、持ち心地が良い。そしてスマートなままで、カードを3枚まで収納可能なiPhone用カバー。

Bellroy iPhoneCase 3Card

iPhoneを守ってくれる保護カバーは、世の中にたくさんの種類があります。しかしiPhoneは私たちの手元にいつもあって、貴重な情報の入ったもの。私たちの毎日の生活にとって心地よく快適に、より便利に使うための理想的なケースとは、どんな形なのでしょう?

ミニマルながら高い機能性と使いやすさを備えたオーストラリアの皮革製品ブランド、Bellroyの出した回答は、こんなにスリムで、スマートな、そして上品なデザインでした。

iPhoneの背面をキズから保護してくれることはもちろんのこと、デリケートな側面部やカドを覆って、万が一の時に備える。そして手にフィットして、しっかりと馴染ませてくれる。さらにiPhoneの背面部分に当たる部分には、同社がオリジナルでオーダーでした植物タンニンなめしの皮革を使用したことで、金属製のiPhone本体の冷たさを遠ざけて、上質な皮革製品独特の、上品な手触りに変えてくれます。

カバー自体の重量はわずか34グラム。この「Bellroy iPhoneCase 3Card」を装着されても、決してiPhoneのスマートさを損なってしまうことはありません。





スリムなケース本体には毎日の生活に便利な収納機能をプラス。背面には3枚ものクレジットカードを収納することができるスリットを装備。Suicaなどのお財布携帯の機能を搭載したiPhoneですが、まだまだ未対応なカードも多い過渡期の状況。すでにApplePayをお使いの方も、予備用のカード入れとしても。カードキーや会員証など、電子化がされていないカード収納にきちんと対応してくれます。

さらにケースの裏側には万が一のために、折りたたんだ紙幣を1枚隠しておくことができるスペースを確保。「iPhoneだけ」を持って、外に出かけて、交通機関からお買い物までを全てこなしたい、という方の要求に答えます。

また、海外にお出かけになる方からの要望の多かった、交換用のSIMカードとイジェクトピンの収納をケースの内側に装備しました。

そしてカード収納のフタはiPhoneのスタンドとしても機能。ちょっと動画を観たい時、みんなで集合写真を撮りたい時のニーズに応えます。

コミュニケーションから情報の記録・閲覧、さらには決済と、いつも手元に置いておきたいあなたのiPhoneを、より心地よく、便利にお使いいただくことができるようアシストしてくれる。そんな気の利いたケースが、この「Bellroy iPhoneCase 3Card」です。






Capacity


iPhone 7/8、iPhone X
(それぞれ専用版)


カード:3枚収納可能
nano-SIM:1枚
SIMイジェクトピン(iPhone付属のもの)




Sizes


X用:14.6×7.4×1.3cm
7/8用:14×7×1.3cm

Weight


約34グラム

Material


プレミアムトップグレイン・レザー
ポリマー加工
マイクロファイバー(裏地)

Designer


James Jeffrey

Brand Name


Bellroy(オーストラリア)


Notes


本品は植物タンニンなめしの牛革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。
























Movies


「Bellroy iPhoneCase 3Card」を動画で解説(30秒・音声がでます)


















Product Guide


たんなる「iPhone用カバー」ではありません。手にしっかりフィットして、持ち心地が良い。そして毎日、手元にある道具としての必要な機能を備えたパートナーです。













iPhoneを守ってくれる保護カバーは、世の中にたくさんの種類があります。しかしiPhoneは私たちの手元にいつもあって、貴重な情報の入ったもの。私たちの毎日の生活にとって、心地よく快適に、より便利に使うための理想的なケースとはどんな形、どんな機能を備えたものなのでしょう?シンプルなものから、豊富な収納機能を備えたものまで、たくさんのものがありますが、AssistOnでも人気の、ミニマルながら高い機能性と使いやすさを備えたオーストラリアの皮革製品ブランド、Bellroyの回答は、こんなにスマートな製品でした。

iPhoneの背面をキズから保護しくれることはもちろんのこと、デリケートな側面部やカドを覆って、万が一の時に備える。そして手にしっかりとフィットして、手にしっかりと馴染ませてくれる。さらにiPhoneの背面部分に当たる部分には、同社がオリジナルでオーダーでした植物タンニンなめしの皮革を使用したことで、金属製のiPhone本体の冷たさを遠ざけて、上質な皮革製品独特の、上品な手触りに変えてくれます。

カバー自体の重量は34グラム、装着時の厚さは1.3センチ。この「Bellroy iPhoneCase」を装着されても、スリムでスマートに使える iPhone の特徴を損なってしまうことはありません。






もちろんBellroyが作るiPhoneケースです。スリムなケース本体には毎日の生活に便利な収納機能をプラス。まず背面にはクレジットカードを3枚まで収納できる薄型のスリットを備えています。Suicaなどのお財布携帯の機能を搭載したiPhone ですが、まだまだ未対応なカードも多い過渡期の状況。すでにApplePayをお使いの方も、予備用のカード入れとしてはもちろん、カードキーや会員証・病院の診察券など、まだスマートフォン対応が行われていないカード類の収納にご利用いただくことができます。

さらにケースの裏側には折りたたんだ紙幣を1枚だけ隠しておくことができるスペースを空けてありますので、まさに「iPhoneだけ」を持って、外に出かけて、交通機関からお買い物までを全てこなしたい、という方の要求にきちんと答えます。

さらに海外にお出かけになる方からの要望の多かった、交換用のSIMカードの収納をケースの内側に装備しました。極めて小さなカードの紛失を防いでくれて、さらにイジェクト用のピンも一緒に収納することができるようにしました。








iPhone 本体の側面は薄く、婉曲しているため、誤って手から滑り落としてしまう危険性が高いもの。この「Bellroy iPhoneCase 3Card」では適度な厚みを確保すること、丸みをもたせた底面部と、手の内側に引っかかりやすい上面部のデザインにすることで、手のひらの中でiPhone本体をグリップしやすく、さらにボタン類の操作を阻害することの無いように配慮しました。

コミュニケーションから情報の記録・閲覧、さらには決済と、いつも手元に置いておきたいあなたのiPhoneを、より心地よく、便利にお使いいただくことができるようアシストしてくれる。そんな気の利いたケースが、この「Bellroy iPhoneCase 3Card」です。

















Product Guide


手にする部分には、オリジナル・オーダーの植物タンニンなめしの皮革を使用。
その質感と手触りの良さが自慢です。














「Bellroy iPhoneCase 3Card」、本体の素材にはブランドがオリジナルで世界的ななめし工場にオーダーさせた植物タンニンなめしの皮革を使用。表面はできるだけソフトな手触りにして、さらに使い込むほどに味わいが増すように仕上げています。

カバーの本体、iPhone本体を収納する部分は樹脂製ですが、その外側はこのオリジナルなめしの皮革を丁寧に、そして薄く、極めて高い精度で貼り合わせています。もちろんボリュームや電源用のスイッチ類、カメラの部分を防いでしまうことないように、極めて高い精度で作られています。また、液晶面側も1ミリほどだけ壁面を高くして、液晶を可能な限り守ることができるようにしました。
















もちろん「Bellroy iPhoneCase 3Card」を装着したままで純正のチャージングステーションやケーブルをお使いいただく時に接触することがないよう作られています。





















Product Guide


収納したカードが必要な時には取り出しやすく、
持ち運びの時には不意に脱落しづらい構造です。












この「Bellroy iPhoneCase 3Card」は背面にクレジットカードを最大、3枚まで収納しておくことができる機能を装備しています。本体内部にSuicaやApplePayを登録できる機能を備えているiPhone ですが、まだまだ未対応のカードやポイントカードも多いため、このカードホルダーを上手にお使いいただくと、とても便利。iPhoneだけを持って生活のあれこれを行いたい、身の回りのものをまとめておきたいとお考えの方には最適なiPhoneケースです。









特徴的なのは、カードを取り出しやすい側面のフタのデザイン。このフタは通常の使い方では不意に開いてしまうことはありません。側面のくぼみに指を添えると左側にフタが開き、手を離すと本体側に自動的に戻り、パチン、と吸着されて固定されます。

またこのカード収納部にはマイクロファイバーが貼られており、きちんとカード類を守ってくれます。さらに開口部のエッジにはカードが1枚分だけストップしてくれて、上層部のカードが1枚から2枚だけスライドされる構造。最上面のカードだけがまず取り出しやすくなっていますから、収納するカードの優先順位をつけて整理しておけばよいでしょう。

















そしてカード収納のフタはiPhoneのスタンドとしても機能。ちょっと動画を観たい時、みんなで集合写真を撮りたい時のニーズに応えます。
















Product Guide


外側だけではありません。ケースの内側もきちんと機能を持たせました。











この「Bellroy iPhoneCase 3Card」はあなたのiPhoneと直接接触する部分、ケースの内側にもきちんと素材を選び、さらに機能を施しました。

まず内側の素材には、起毛して柔らかなマイクロファイバーを使用しました。これによって、あなたのiPhone本体をキズや擦れからしっかり守ります。

またこの内側には、マイクロSIMの収納機能をプラスしました。海外に出かけられる機会が多い方など、複数のSIMカードを保存しておくことができますから、この極めて小さなカードを紛失してしまうこともありません。またSIMを取り外すためのイジェクトピンも、この内部に収納することができます。複数枚のSIMを使い分けされない方も、修理をする時や機種を新しくするときなどに必要なこのピンを、ここに収納しておくことで紛失を防いでくれます。

またこのケースの内側には、わずかな空間を設けていますので、紙幣を1枚だけ保管しておくことが可能です。クレジットカードなどが使えない場所や、お財布を紛失した時のために備えてこの内側に紙幣を忍び込ませておくことを考えた配慮です。











またこのケースの内側には、わずかほんの少しだけ空間を設けていますので、紙幣を1枚だけ保管しておくことが可能です。クレジットカードなどが使えない場所や、お財布を紛失した時のために備えてこの内側に紙幣を忍び込ませておくことを考えた配慮です。外出する時、お散歩の時など、可能な限り持ち物を減らしたいとお考えの方、iPhoneだけでとお考えの方なら、これで「万が一のため」に備えることもできます。










Package













紙製のパッケージに透明PPスリット。英語と日本語の製品解説書つき。












Colors


iPhone X用






Bellroy iPhoneCase 3Card X ストーン

本体価格 ¥9,000 (税込価格 ¥9,720)

Supported Products

p iPhone X 専用


Sizes


14.6×7.4×1.3cm

Weight


34グラム












Bellroy iPhoneCase 3Card X キャメル

本体価格 ¥9,000 (税込価格 ¥9,720)

Supported Products

p iPhone X 専用


Sizes


14.6×7.4×1.3cm

Weight


34グラム












Bellroy iPhoneCase 3Card X ネイビー

本体価格 ¥9,000 (税込価格 ¥9,720)

Supported Products

p iPhone X 専用


Sizes


14.6×7.4×1.3cm

Weight


34グラム













Colors


iPhone 7/8用







Bellroy iPhoneCase 3Card 7/8 ストーン

本体価格 ¥8,800 (税込価格 ¥9,504)

Supported Products


iPhone 7/8専用


Sizes


14×7×1.3cm

Weight


34グラム












Bellroy iPhoneCase 3Card 7/8 キャメル

本体価格 ¥8,800 (税込価格 ¥9,504)

Supported Products


iPhone 7/8専用


Sizes


14×7×1.3cm

Weight


34グラム












Bellroy iPhoneCase 3Card 7/8 ネイビー

本体価格 ¥8,800 (税込価格 ¥9,504)

Supported Products


iPhone 7/8専用


Sizes


14×7×1.3cm

Weight


34グラム










Interview


デザイナー・インタビュー James Jeffreyさんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


私たちBellroyは「財布」そして「スマートフォンケース」を作るのが大好きで重要なものだと考えている会社ので、このふたつを単一スペースで使用する、という研究は常に続けてきました。

これまでの3枚のカードができるiPhoneケースは作ってきたわけですが、iPhoneで電話をかけるときは外側からカードが丸見えになってしまうので、この点はずっと改良すべき問題だと考えていたのです。この全バージョンが抱えていた問題点は私たちにとってもひとつの盲点だったわけですが、これを解決することが今回の製品を作る上でのテーマになりました。

3枚のカードをケースの背面のどこに、どうやって納めたらいいのか。そしてどうやってカードが外から見えないように隠しておいて、使いたい時にすばやく取り出すことができるような構造にするのか。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


毎日の生活に欠かすことのできないカードだけがスマートフォンの近くに収まっている、これ自体は優れたアイデアだと考えていたので、まずそれなら何枚のカードが収納できればいいのか、そこからリサーチを開始しました。その答えは、3枚が最適だろうと。場合によれば2枚のカードと折りたたまれたメモが1枚とか。とになく3枚がきちんと収納できることが重要だと考えました・

しかし既存の財布型スマートフォンケースの形状やスタイルには満足していませんでしたし、皮革素材をスマートフォンのカバー素材に使いたいと思っていたので、スマートで機能的な構造、そして皮革素材を使うこと、この3つをテーマにして形状をつくっていきました。




この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


カードを本体の背面に収納させながら、スマートフォンを使っている時も、そして出し入れする時もカードが見えないというプライバシーを守るための扉の構造、それから開く角度には注意をして形状を決めました。結果的には通常のお財布からカードを出し入れするのと同じ感覚でお使いいただけるようになったと思っています。そしてもちろん、スマートフォンを手に持って使いやすく、フィット感もとても良い製品になったと思っています。

ポイントは扉の構造で、開閉がとにかくスムーズにできることと、固定用のマグネットとカードを直接触れさせないように、そして数千回の開け閉めを実際にやってみて、このヒンジが破損しないような点はたいへん配慮した部分です。

皮革、マイクロファイバー、プラスティック、この3つを適材適所で使い分けたことについては、やはり私たちがこれらの素材についてはこれまでのものづくりで知り尽くしていたことです。必要な場所にはプラスチックがもっとも優れた利点を活かせる素材であるわけですし、マイクロファイバーも薄型構造を維持しながら製品の補強も担うことができる。そしてもちろん財布メーカーとして皮革の手触りの良さは欠かすことはできません。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


アシストオンは高度に「デザインされた」デザインストアだ、と私は考えています。もしあなたがこのアイテムをつかって、iPhoneをもっと生活の中で便利に利用していただけるのなら、私にとってそれほど嬉しいことはありません。







Recommendations







たんなる「iPhone 用カバー」ではありません。手にフィットして、持ち心地が良い。そして毎日、手元にある道具のための機能を備えたパートナーです。「Bellroy iPhoneCase 1Card






クレジットカードや交通カード、さらには現金と、さまざまな決済が増えた現在。スマートに支払いを行うために、機能を考えたら、コンパクトな財布になりました「Note Sleeve







コンセプトは、仕事が終わったらそのままディナーのレストランにも持っていけるビジネスバッグ。風合いのある良い素材とスリムながら高い収納力が自慢。「Slim Tote








Brand Story










私たちBellroyは、モノを持ち運ぶためのより良い方法を作るためのブランドです。

Bellroyを創業したのは2010年のことです。しかしスリムで機能的な財布をつくる、というアイデアは実にその10年前から始まっていました。自分のポケットの中の膨らんだ財布に対する不満はデザイン学校の学生時代にすでに気づいていたことで、それに対する解決の方法を考えようと、まずはキッチンのテーブルに仲間と集まってアイデアを練ることから始めました。






私たちはとにかく日常の中で「ものを持ち運ぶ」ということはどういうことなのか、ということを深く考え、アイデアを練り上げようと思いました。また小物関連のレビューサイトのスタッフに相談をして、アイデアのやり取りをすることにし、もらったアイデアをデザインに反映させていきました。こうやって我々は最も使用頻度が高いものはなにか、逆に滅多に使わないカードなどをどうやって分類したらいいかなどの、従来の財布のデザインの欠陥を探り出し、再設計することにしたのです。







朝、職場に向かうときのコーヒーショップで、雨の中のサイクリングで、市内の通勤機関に乗るとき、そして週末にショッピングに出かけるとき。さまざまな日常生活の中で、私たちの手の中にある財布。どんな状況でも使いやすい、機能的であると感じられる体験をもたらしてくれるものを提供したい、それが私たちの願いです。

ですから私たちは、あなたと世界中の誰もが、簡単で使いやすいと感じてくれるデザインを探して、より良い「持ち運びのための最高の方法」を探し続けようと思います。






ところで「Bellroy」という名前について。私たちはオーストラリアの「ベルズビーチ」と「フィッツロイ」の2つの場所に自宅があるからなのです。「ベルズビーチ」は世界有数のサーフィンのメッカと言われる場所で、サーフィンをやられる方ならご存知かもしれません。また「フィッツロイ」はメルボルンの郊外にある芸術やアートなど文化的な観光名所もある街なのです。

この大自然の恩恵に恵まれた場所と、都市的なカルチャーに囲まれた場所。このどちらの場所を行き来することから生まれ、その私たちの環境の融合がこの「Bellroy」というブランドを形作るのに重要なキーワードになっているのだと考えました。ですから「Bells Beach」と「Fitzroy」の2つの場所の名前をあわせて「Bellroy」という名前を作り出した、というわけです。