紙幣とカードをただ挟んでおくだけ。本当にミニマルな「お金まわり」の携帯方法、マネークリップをNYブルックリンの工房が再デザイン。

Craighill CLIP

紙幣やクレジットカードをただ挟んでおくだけ。本当にミニマルなこの「お金まわり」の持ち歩き方法、マネークリップを愛用されている方のために作られました。

アメリカ、ニューヨークの下町ブルックリンにある工房で、ひとつひとつ、手作りのものづくりを行っている、Craighill。その素材のもつ質感の良さ、昔ながらの製造方法を大切にしながら、しかし革新的なテクノロジーや新しい技法にも挑戦している、新しいブランドです。

そのCraighillが、マネークリップ派の方のために作ったのが、この「Craighill CLIP」という道具。一般的なマネークリップは板金や鋳造によって作られていますが、この「Craighill CLIP」は金属片を研磨することで作られます。平らな金属板をレーザーカッターで切り取り、さらに時間をかけて研磨。さらにこの製品のために作られた折り曲げ機械を使ってクリップ状に仕上げられています。

そのデザインは、紙幣やカードがきちんと、そして素早く取り出せて、再び挟みやすい。本当にシンプルな道具としての使いやすさを追求し、出来上がった形状です。

金属という素材そのものが持っている風合いの良さ。そして新しい技法を使ってひとつづつ手作業で作られている味わいの良さを、毎日の生活の中で手で触れて、ポケットに入れて持ち運んでください。

素材はその美しい色合いをお楽しみいただける真鍮。そしてつや消しの仕上げを行なった303のステンレス。さらにステンレス素材を銃器などで使われる軟窒化コーティング処理を行なったものの3種類。形状もシンプルな形状と、波の仕上げを行なったもの、合計、6種類を用意しています。

紙幣はもちろん、クレジットカードの携帯にも対応。少額決済はスマートフォンなどの決済を使い、クレジットカードと非常時のための紙幣だけを持ち歩く。できるだけポケットに入るものをスマートにまとめたい方にお勧めしたい、美しいマネークリップができました。

Sizes


6.4 x 2.5 x 0.6cm

Weight


真鍮製:約28グラム
ステンレス:約12グラム

Material


3種類
:260 真鍮製(85%銅:15 亜鉛)
:303ステンレススチール
:ステンレススチール(軟窒化コーティング処理)

Country of Manufacture


アメリカ製(ブルックリン)

Designer


ハンター・クレイグヒル

Brand Name


Craighill(アメリカ・ニューヨーク)


Notes


ひとつひとつが手作業で作られる製品のため、製品はひとつひとつが異なっています。また真鍮製品は時間とともに表面の光沢が刻々と変化する素材のため、光沢があるものをお好みの方は、必要に応じて金属磨きなどを使用してお手入れを行ってください。

























Product Guide


アメリカ、ブルックリンのモノづくりがしっかりと引き継がれている。手で触れて温かみのある製品です。












アメリカ、ニューヨークの下町ブルックリンにある工房で、ひとつひとつ、手作りのものづくりを行っている、Craighill。実際に手で触れて、どこか懐かしく、そして暖かみのある製品が特徴です。

素材のもつ質感の良さ、昔ながらの製造方法を大切にしながら、しかし革新的なテクノロジーや新しい技法にも挑戦している、実は、新しいブランド。








一般的なマネークリップは板金や鋳造によって作られていますが、この「Craighill CLIP」は金属片を研磨することで作られます。平らな金属板をレーザーカッターで切り取り、時間をかけて研磨。さらにこの製品のために作られた折り曲げ機械を使ってクリップ状に仕上げられています。

その形状は、紙幣やカードがきちんと素早く取り出せて、再び挟みやすいように。本当にシンプルな道具としての使いやすさを追求し、出来上がりました。

この「Craighill CLIP」では、3つの素材と仕上げ、そして2つの形状の、合計6種類からお選びいただけるようにしました。素材別に順に紹介してまいりましょう。









こちらはその金色の美しい色合いの「真鍮」製。お使いいただくほどに色が変化してまいりますので、再び金属磨きなどで磨き上げるもよし、その風合いのまま使い続けるもよし。時間の経過を楽しませてくれる素材でもあります。

真鍮は柔らかい金属のため、ほかのバリエーションに比べて若干だけ板をあらかじめ分厚く加工し、そしてプレート面を板のまま残すデザインで最終的な形状にしています。









こちらは303ステンレススチール製。表面加工をそのままにして、シンプルでステンレス独特な風合いを活かせるようにしたバリエーションです。

そして下の写真はカーボンブラック色に仕上げたもの。具体的には軟窒化コーティング処理を施したもので、一般的には銃器の外装などで使われることの多い金属の表面処理で、つや消しブラックの美しい色合いが特徴です。


















Product Guide


日本の紙幣なら最大20枚とクレジットカードが一緒に持ち運ぶことができます。












ポケットから取り出して、スマートにお使いいただける。一般的な財布と違って一切の無駄を省いたマネークリップ。この「Craighill CLIP」はその簡潔にして、ミニマルの極みと言えるマネークリップを使いやすさの上でもしっかりバージョンアップさせました。

紙幣やカードがきちんと、そして素早く取り出せて、再び挟みやすい。本当にシンプルな道具としての使いやすさを追求し、出来上がった形状です。









まず紙幣を挟む時は、紙幣を折り畳んで、背の部分を写真のようにクリップしてください。スムーズに挟むことができて、必要なときにすぐに紙幣を取り出すことができます。またクリップ時にも本体がバネになって、しっかり固定してくれますので、紙幣の枚数が少ないときにも外れてしまわない形状です。日本円の紙幣だと、最大20枚から22枚を挟むことが可能です。









もちろんクレジットカードも一緒に持ち運ぶことができます。その場合は、写真のように紙幣の間にクレジットカードを挟み込むようにします。これによって携帯時にクレジットカードの表面を汚してしまうことありません。









Package


贈り物としてもお使いいただけるよう、とても小さなギフトボックスでお届けします。









オリジナルの紙箱 パッケージサイズ:7×4.2×1.5cm









Variations


squareタイプ(背面の形状がストレート)











Craighill CLIP square 真鍮

本体価格 ¥5,500 (税込価格 ¥5,940)

Material


260 真鍮製
*85%銅:15 亜鉛

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


29グラム










Craighill CLIP square スチール

本体価格 ¥5,250 (税込価格 ¥5,670)

Material


303ステンレス鋼製

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


10グラム










Craighill CLIP square カーボンブラック

本体価格 ¥5,500 (税込価格 ¥5,940)

Material


ステンレススティール
*軟窒化コーティング処理

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


29グラム












Variations


waveタイプ(背面の形状が波型)











Craighill CLIP wave 真鍮

本体価格 ¥5,500 (税込価格 ¥5,940)

Material


260 真鍮製
*85%銅:15 亜鉛

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


28.5グラム










Craighill CLIP wave スチール

本体価格 ¥5,250 (税込価格 ¥5,670)

Material


303ステンレス鋼製

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


12.5グラム

Material


303ステンレス鋼製










Craighill CLIP wave カーボンブラック

本体価格 ¥5,500 (税込価格 ¥5,940)

Material


ステンレススティール
*軟窒化コーティング処理

Sizes


6.4cm x 2.5cm x 0.6cm

Weight


12グラム












Interview


デザイナー・インタビュー ハンター・クレイグヒルさんにうかがいました















この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

世の中にあるほとんどのマネークリップは金属鋳造から作られています。そこでこの「Craighill CLIP」はそれ以外の方法で作ることができるのか、それを試みたいと考えました。

この「Craighill CLIP」の製造はまず平らなシートをレーザーカッターで切断することからはじまります。そのあとこの金属片を1週間ほど研磨して、カドを取り、最後に光沢をつけて最終的な形状までもって行きます。そしてこの製品のために特注で作った折り曲げ機械を使ってクリップのカタチに仕上げます。この製品は、この製造工程を新たに作り出すことの探求から始まった製品でした。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


わたしたちはさまざまなマネークリップの形状やデザインのサンプリングを行いました。最終的に、わたしたちは機能と形状、そして新しい製造法を開発することで、最終的なデザインを決めることができました。それがこの「Craighill CLIP」です。

形状は2種類、一つはシンプルな「Square」、もう一種類は少し遊び心を持たせた「Wave」。どちらも異なる3つの素材と仕上げを行いました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


「Craighill CLIP」はまず最初にステンレススチールの素材で作りました。そのあと、真鍮素材を試みたわけですが、銅という素材はたいへん柔らかいため、まったく同じ形状にすることは不可能です。そこで製品に少し厚みを設けて、作り直すことにしました。そのため真鍮バージョンは少し重量が重くなってしまいましたが、紙幣やカードをきちんとクリップできるようバネの力を調節することができました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私たちの「Craighill CLIP」にご注目いただきありがとうございます。紙幣やカードまわりがごちゃごちゃになっている方。ぜひこの「Craighill CLIP」を使って、シンプルに、整理し直してみられることをお勧めします。








Brand Story






Craighillは、日常のどんな場面でも使える便利で、他とは違う独特の美意識をもったものづくりをすることを目指しています。私たちの製品は幅広い素材と機能を併せ持ち、これらは、効率性と探究心とが結合したデザイン哲学によるものから生まれています。個人的な好奇心、インダストリアル上の経験、または生活に役に立つもの、これらがCraighillのクリエイティブを刺激する要因となっています。







丁寧で正確な製造を心がけ、その大部分がNew Yorkのスタジオで行われています。デザインの良い製品は機能として完璧であり、その創造性と可能性を使う人が感じられる製品であるという信念のもと、日々活動しています。












Recommendations







電子マネー時代のコイン管理。ポケットから取り出したコインはこちらに入れて、必要なものだけを選別。上面トレーは腕時計やキーホルダー置き場に。「kamado




小さくて軽くて、しっかり使える本革製コインケース たっぷり入って折り畳んだ紙幣の収納も可能 イヤフォンの収納にも「hmny コインケース




伝統的な馬蹄形のコインケース。その使いやすい形をそのままに、素材をネオプレーンにしたことで、軽くて取り出しやすく、たくさん入るお財布になりました「ABITAX "Coin Purse"




ビール党の方へ。真鍮の美しさ、味わい深さに注目。NYブルックリンの工房による、オープナー。硬式野球ボールの「継ぎ目」をヒントに作られました。「Craighill TROPHY