Apple純正キーボード「Magic Keyboard」を快適に、キータッチを最適化する。そして木製パームレストで手首をラクにしてくれる専用トレイの最新バージョン。

Keyboard Tray AB-3

本体価格 ¥5,200 (税込価格 ¥5,616)

Apple「Magic Keyboard」のユーザーのために作りました。キーの打ち心地を快適に、そして長時間の入力の負担を最小限にするための、Apple純正キーボードユーザーのための道具です。

薄く、スマートになった「Magic Keyboard」の外見を乱してしまうことの無いように。Apple Wireless Keyboard用として発売以来、たいへん好評をいただいていた「Keyboard Tray AB-3」を最新のMagic Keyboard用に再チューンナップしました。

キーボードを受け止めるのはこのために、新素材、マイクロセルポリマーシートを使った「Magic Mat」。長時間のキー入力を快適にするため、この圧縮残留歪が非常に小さく、エネルギー吸収性に優れた素材を使うことで、底面部分からしっかり支えて、適度なクッション性と静音性を実現しました。






手首を支えてくれるパームレストの素材には、天然のタモ材を使用。木目が美しく、家具や楽器、バットやオールなどのスポーツ用品にも用いられることの多いこのタモ材は手にも優しく、手のひらの擦れを最小限にし、柔らかな感触でキー入力を支えます。また机の素材によって感じる、冷たさや固さを和らげてくれる。これも「Keyboard Tray AB-3」の大きな特徴です。

Magic Keyboardによってより薄くスマートになったAppleの純正キーボードのキー入力時に発生するたわみを最小限にして適度な弾性を与える。しかしその外観を損なわないように。トレーの底面は厚さ3ミリのアクリル板で支え、また新開発の「Magic Mat」の適度な粘着のある性質を生かすことで、ちょっとテーブルを移動する時にトレーごと持ち上げてもキーボードが落下したり、キー入力中にズレてしまうこともありません。またヒザの上に置いてご利用いただくことも可能です。

キー入力中のキーボードのズレが気になる方、いやむしろ適度に移動できた方が良い、とお考えになる方の好みに合わせて使い分けができるよう、滑り止めシートにも極薄のマイクロセルポリマーシートを採用し、形状と取り付ける位置によって調整ができるようにしました。

現在Apple「Magic Keyboard」をご利用の方にはぜひお試しいただきたい、快適キー入力のためのアクセサリーができました。




Supported Products


Apple Magic Keyboard専用




Sizes


幅28×奥行き18.6×高さ1.1cm

Weight


320グラム

Material


パームレスト:ラワン合板
天板;タモ材ツキ板
台座:アクリル板
クッション材:マイクロセルポリマーシート
(厚さ3mm エンボス加工)

仕上げ
:植物性オイル(食品衛生試験適合品)

Accessories


滑り止めシート
*マイクロセルポリマーシート

Country of Manufacture


日本製(青森県 ハンドメイド)

Brand Name


バード電子(日本)























Product Guide


キーボード入力時の手と手首への負担を最小限にするために作りました











キーボードを使い続ける時にかかる手首への負担は、案外おおきいものです。特に長時間の文章処理、キーボード入力を日常的におこなっている方なら、その負担を実感されておられることでしょう。

かつてキーボードがもっと分厚く、大きなサイズの入力デバイスだった時代、キーボードの前に置いて使う「パームレスト」を愛用されていた方も多かったのではないでしょうか?その時代に比べて、Appleの純正キーボードはワイヤレスになったことはもちろん、たいへん薄く小型になり、もはやパームレストは必要ないモノと考えられていました。

従来のApple純正のキーボードに比べると、格段に薄く、スマートになった「Magic Keyboard」、しかし実際に使い始めてみると、薄くなったとはいえ、ほんの少しの傾斜が手首への負担となって感じる。机の上で手のひらが擦れて痛くなってしまう。そのように感じることがありました。










この「Keyboard Tray AB-3」は、「Magic Keyboard」をお使いの方専用につくったパームレストです。トレー式になっていて、キーボード本体を直接乗せてお使いいただきます。手首を持ち上げることによって、通常より手首への負担を軽く。過去にパームレストをお使いだった方にも馴染んだポジションでキーボード入力が可能となります。

またトレーと「Magic Keyboard」の間に新素材を使ったバード電子の「Magic Mat」を装備させました。この素材はわずか3ミリという薄さながら、圧縮残留歪が非常に小さく、エネルギー吸収性に優れた素材。キーボードを底面からしっかり支えながら、適度な弾性を与え、キーのタッチの改善を行います。

さらにこの「Magic Mat」は粘性を備えていますのでトレーの上でキーボードが使用中にズレてしまうこともなく、さらに膝の上に置いてお使いいただくことができるほど、しっかりとキーをホールドします。キーボードをできるだけ低い位置に置いて入力を続けたい、とご希望の方は、ぜひこの方法をお試しになってください。










さらに手のひらを天然木が優しくホールドしてくれますので、机の素材によって感じる、冷たさや固さを和らげてくれます。またキーボード入力が長時間になると、姿勢を変えたり、モニターとの距離を変えながら入力作業をされる方がいらっしゃるでしょう。

そのために、トレイを机の上でずらしながらでも使えるように、底面に取り付ける超薄型の滑り止めシートも丸型と横長の2種類を用意しました。このシートを取り付ける数、形状を「しっかり固定したい」「やや動きやすくしたい」というふうに、机の素材やお好みに合わせてチューンナップすることができます。このシートは「Magic Mat」と同じマイクロセルポリマーシートを極めて薄くしたものを使用していますので、このシートを取り付けることで、薄くなった本体の外観を乱してしまうこともありません。









Product Guide


快適なキーボード入力を実現するために開発した「Magic Mat」を装備しています。













より薄く、Lightningケーブルを使って充電が可能になったApple純正の「Magic Keyboard」。しかしキーボード自体が薄くなったために、キーのタッチの感触や快適性が損なわれた、と感じておられる方は少なくないでしょう。

しっかり良いタッチでキーを打つことがでるよう考えたのは、「Magic Keyboard」本体を底面で支える素材を考えること。そこで開発したのがマイクロセルポリマーシートという新しい素材を使って作った「Magic Mat」です。

この新素材の特徴は、薄く、剛性を備えながらも、圧縮残留歪が非常に小さく、エネルギー吸収性に優れていること。この「Keyboard Tray AB-3」で採用したのは厚さはわずか3ミリのもの。加えてマイクロセルポリマーシートの表面に細かな凹凸の形状を与えることで、わずか3ミリながらキーの打刻時に与えたれる圧力に対して、たいへん適度なグリップ力を実現します。あわせて筐体が薄くなってしまったことで、キーの入力時、特にスペースキーを押した時に発生していたキーボード自体の「たわみ」を防いでくれます。

「Magic Mat」の素材自体の持つ優れた組成と、表面の凹凸構造を組み合わせたことで、Magic Keyboardのキータッチを向上させ、ほど良い感触を残しながらしっかりとしたキーの入力を可能にします。








またこの「Magic Mat」は粘着性が備わっていることも大きな特徴です。キー入力中も「Magic Keyboard」が上面で滑ってしまりズレてしまうことを防ぎ、さらにテーブルを掃除する時などに「Keyboard Tray AB-3」を持ち上げても不意にキーボードだけがズレたり落下してしまうこともありません。

またキーボードを取り外して屋外に持ち歩きたい時も、キーボードとマットの間に指を挟んで持ち上げてやれば、簡単に取り外すこともできます。また長時間お使いいただいても素材の「跡」を残してしまうことなくお使いいただくことができる、たいへん優れた素材を使用しています。
















Material


良質な天然のタモ材の突板を使い、やさしい手触りと上質な質感を備えています。











長い時間、手が触れ続けている場所にあるものですから、心地よい手触りの素材であることは、とても重要なことです。

そこでこの「Keyboard Tray AB-3」では、その素材と仕上げをしっかり考えました。使用している木材の本体はラワン材。この上から均一な木目の美しさを肌触りの良さで人気のあるタモ材の突板を張って完成させました。

木目が美しく、家具や楽器、バットやオールなどのスポーツ用品にも用いられることの多い素材であるタモ材とラワン材の木部、この加工は青森県の木工職人にお願いし、ひとつづつ丁寧に制作しています。さらに素材そのものの美しさをひきだし、耐久性を持たせるために、オイル仕上げを施しています。無公害の天然植物オイルを塗って仕上げています。









薄くスマートになった「Magic Keyboard」の外観を損ねてしまわないこと。これが新世代の「Wood Keyboard Tray」を製作するにあたって、大きなテーマになりました。そのため底面部分には薄く剛性の高いアクリル版(黒い部分)を底面から支えて、木部全体と前面のカーブ部分はラワン材の合板を使用しました。これによってパームレストの位置までは机上からわずか11ミリ持ち上がっているだけ。MacBook Proよりまだ薄い位置で実現させました。
















Product Guide


裏面は机の素材や仕上げ、お好み合わせて、ご自身でチューンナップが可能です。











キーボード入力が長時間になると、姿勢を変えたり、モニターとの距離を変えながら入力作業をされる方がいらっしゃるでしょう。そのために、トレーを机の上でずらしながらでも使えるように、底面に取り付ける滑り止めシートのゴム脚を付属しました。

この滑り止め、実はこの素材はゴムではなく、「マイクロセルポリマーシート」という新しい素材を使ったもの。滑り止めの機能を有しながら、机に跡がつかず、高い耐久性を備えながらい、程よい滑り止め効果が生まれるもの。

一般的には前方の左右にまず丸型のものを2個を取り付けてみてください。この状態でご自身の机や環境で調子を見ながら、丸型の数を増やす、横長のものを追加する、といったふうに調整をお願いします。









Package











パッケージサイズ:22.5×32.5×2cm










Recommendations


「Keyboard Tray AB-3」とぜひ組み合わせてお使いいただきたいデスクマットです。








あなたのデスクワークを快適にするために。書くこと、机を守ること、パソコン仕事のキーボードとマウス操作を快適にすること。そしてサイズと素材、色合いに配慮。「The Desk Mat









Interview


メーカー・インタビュー 斉藤安則さんにうかがいました











この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


この製品は長らく好評をいただいている「Wood Keyboard Tray Airboard」の最新モデルです。最も初期のモデルではApple Wireless Keyboard用に作りました。Appleの純正キーボードがワイヤレスになったのはよかったのですがキーボードを持ち上げる時にキースイッチに触れてしまうので手持ちできる部品が欲しかったのです。そこでトレイ型にしてパームレストを取り付けて持てるようにしたのですが、実際に使ってみるとその点よりも副産物であったパームレスト機能のほうが便利、という面白い製品になりました。

それらのポイントを踏まえながら、Magic Keyboardに対応させるために作った今回の最新モデルです。Magic KeyboardはApple Wireless Keyboardに比べてより薄くなったために、スペースバーを強く押しつけるとキーボードのボディのアルミ自体がたわんでしまう、という問題点があります。そのため、単純にキーボードに木の台座を作るだけでは、このたわみが吸収きず、ガタついてしまいます。

そこで今回、考えたのはキーボードとの間に適度な素材を使ってクッションの役割を果たしてくれる機能を持たせることでした。その結果生まれたのが今回「Magic Mat」という名前の台座とキーボードの隙間の部品で、マイクロセルポリマーシートという薄くて適度な弾力性のある優れた素材で出来ています。











最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


「Wood Keyboard Tray Airboard」の初代モデルはすべて木で出来ていましたので、木材の反りが起きてとても歩留まりが悪くなってしまいまた。せっかく作っても一割ぐらいが使えない、という問題が起きていました。

そこで今回の新モデルでは底面部分のパーツを厚いアクリル製にしました。アクリル板を使用することで、本体自体もより薄く、軽量な製品にすることができました。それでも手が触れる部分は木の手触りのよさをもつ製品にしたかったので、パームレスト部分は木製のままにしました。製品を底面で支えているパーツをアクリル製にすることで、前製品では10ミリあったベースを3ミリにすることができましたので、キーボードと底面パーツの間に3ミリの「Magic Mat」を組み合わせても、初期モデルよりもさらに薄い製品に出来上がりました。

薄い筐体が特徴的なMagic Keyboardですから、この「Wood Keyboard Tray Airboard」載せると机の上から6ミリも持ち上がってしまう、とお考えになる方もおられるかもしれませんが、実際にはパームレストに手首が乗っているため、違和感なく、快適にお使いいただけると思います。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


新しくなった「Wood Keyboard Tray Airboard」は、アクリル板がベースとなりパームレスト部分もMagic Keyboardの高さに合わせて薄くしましたのでとても軽くなりました。そのため、腿の上のせて使ったり片手で手持ちで操作することもできます。キーボードの底に密着するMagic Matは軽い粘着にもなりますので落下の心配もありません。パームレストの高さは0.5mm単位で試作して最適の厚みに調整しました。パームレスト機能、たわみ対策、膝のせ(腿のせ)対応で今まで以上にMagic Keyboardが快適になります。

今回の製品化にあたり、アシストオンから様々なアドバスをいただきました。足かけ1年以上に渡って試作を重ね、今回、ようやく最終的な製品ができ上がりました。

バード電子のほとんどの製品が日本製造で少量ロットで製作しております。毎月、試作品を作って壊し、作っては壊しを続けておりますので、どうしても試作だけで満足してしまう事が多いのです。今回の製品はアシストオンの粘り強い励ましで、二人三脚で完成した製品だと考えています。ぜひ多くのMagic Keyboardユーザーの方にお使いいただきたいと思います。