外見はベーシックに。しかし内部には、開いてすぐ使えるノートパッドと豊富な収納、デジタル機器に対応した使いやすさを。上質な皮革を使ったフォリオケース。

Work Folio

ノートパッドやアイデアノート、そして筆記具をひとまとめにしておいて、開いてすぐに仕事が始められる。そしてメモや議事録を取ることができる。スマートに使えるフォリオケースをBellroyが再デザインしました。

これまでのオーソドックスなビジネス用のフォリオケースの問題点は二つ。ひとつは我々のビジネスで欠かすことのできないiPhoneなどのスマートフォンや、iPadやタブレットPC、そしてそれらの周辺機器の携帯には対応していなかったこと。もうひとつは、立ったままでも開いてすぐに必要なモノを取り出すことができるような使いやすさ、収納力に問題があったこと。

オリジナルの植物タンニンなめしの高い品質の牛革を使用して、外見はシンプルでオーソドックスなビジネス用フォリオケースそのまま。けれど内部にはこれまでに無かった使いやすさと高い機能性を。どんなところに出かけても「Work Folio」があれば、開いた場所がすぐにあなたの仕事場所になります。





思いついたアイデアを書き記しておく。ミーティングの記事録を取ったり、仕事の内容を整理したり。そんな時はキーボードを叩くのではなく、使い慣れたメモパッドやノートにお気に入りのペンをつかって行う。そんな時にさっと開いて、すぐにノートを取ることができるのは、オーソドックスな見開きのフォリオケースの良さでしょう。

この「Work Folio」は大きく開いて右のパートにメモパッドやノートを固定しておくことができる。そしてペンホルダーも装備していて、すぐに記録を取ることができる。お客様や社内のスタッフの前でさっと開いて、スマートに筆記ができるのがこの「Work Folio」です。





そしてさらに私たちの仕事に生活に欠かすことのできなくなったデジタルデバイスの収納にも対応したのが、この「Work Folio」の大きな特徴です。スマートフォンの収納はもちろん、最大、12.9インチのiPad Proの収納にも対応。

さらにケーブルやイヤフォン、薄型のモバイルバッテリーを収納しておくことができるポケットも備えています。右側にはカードや名刺を収納しておくポケットを備え、その下側にはそれらデジタルデバイス用のポケット。ノートやメモを取っている時は外部からは見えないこのカードケースはBellroyならではの「使うヒトのことを考えた」デザインと言えるでしょう。





この「Work Folio」は他のBellroy製品と同様に、その素材の品質にもきちんと配慮しました。使用しているのは、同社がオリジナルで依頼して作った牛革。

植物タンニンなめしのこの皮革は、とても触感がよく、お使いいただくたびに味わいが増してきます。また他のお財布やアクセサリー、腕時計などの身の回りのものと合わせてお使いいただくために、ブラック、キャメルの2色から選んでいただけるようにしました。

仕事に必要なモノを一箇所にまとめておいて、バッグの中から取り出して、すぐに仕事を始めることができる。そして社内で移動する時はもちろん、荷物を最小限にしたい方ならこれだけで仕事に出かけることができる。合理的で必要なモノだけをしっかり見極めて使うことができる。「Work Folio」そんなスマートなケースです。







Capacity


A4サイズ
:A4版ノートパッド(21×31.4cm)
:リーガルパッド(21.6×29.5cm)
:iPad全機種(12.9インチまで).

A5サイズ
:A5版ノート(14.8 x 21cm)
:iPad miniやKindle



Sizes


A4サイズ:33 x 25 x 2cm
A5サイズ:23 x 17 x 2cm

Weight


A4サイズ:479グラム
A5サイズ;234グラム

Material


牛皮革(オリジナルの植物タンニンなめし)

Country of Manufacture


インド製

Accessories


ノート、ノートパッド1冊付属

Designer


Rowan Dinning

Brand Name


Bellroy(オーストラリア)


Notes


本品は植物タンニンなめしの牛革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。












































Movies


「Bellroy Work Folio」の特徴を動画でご覧ください(25秒 音声がでます)




















Product Guide


外見はベーシック。上質な皮革を使ったフォリオケース。しかし内部には、開いてすぐつけるノートパッドと豊富な収納、そしてデジタルデバイスに対応した使いやすさを備えています。











ノートパッドやペン、メモ帳類の持ち運びはもちろん、いつも手元に置いておきたいデジタルデバイスの収納と携帯にも最適化したのが、この「Work Folio」。従来のビジネス用フォリオケースは紙類やノートの収納は得意としていましたが、デジタル製品の対応がなされていなかったことが、Bellroyがこの「Work Folio」を作った大きな目的でした。

社内のミーティングに出席するとき。外出先で顧客の相談を聴く時。オフィスはもちろん、カフェや屋外で仕事の整理をする時。さっと開いてメモや議事録を取る。メモ帳やノート、筆記具、名刺、チケット類、レシートなどの紙類。そして、私たちの生活に欠かすことができなくなったスマートフォンやタブレットPC、そのケーブルやイヤフォンなどなど。それらをスマートにまとめて、スリムなケースにまとめておくことができる。それが新しいフォリオケースが、このBellroy「Work Folio」です。

仕事に必要なモノを一箇所にまとめておいて、バッグの中から取り出して、すぐに仕事を始めることができる。そして社内で移動する時はもちろん、荷物を最小限にしたい方ならこれだけで仕事に出かけることができる。合理的で必要なモノだけをしっかり見極めて使うことができる。そんなスマートなケースです。






















思いついたアイデアを書き記しておく。ミーティングの記事録を取ったり、仕事の内容を整理したり。そんな時はキーボードを叩くのではなく、使い慣れたメモパッドやノートにお気に入りのペンをつかって行う。そんな時にさっと開いて、すぐにノートを取ることができるのは、オーソドックスな見開きのフォリオケースの良さでしょう。

この「Work Folio」は大きく開いて右のパートにメモパッドやノートを固定しておくことができる。そしてペンホルダーも装備していて、すぐに記録を取ることができる。お客様や社内のスタッフの前でさっと開いて、スマートに筆記ができるのがこの「Work Folio」。どんなところに出かけても、でこの「Work Folio」を開いた場所があなたの仕事場所になります。









そしてさらに私たちの仕事に生活に欠かすことのできなくなったデジタルデバイスの収納にも対応したのが、この「Work Folio」の大きな特徴です。スマートフォンの収納はもちろん、最大、12.9インチのiPad Proの収納にも対応。

さらにケーブルやイヤフォン、薄型のモバイルバッテリーを収納しておくことができるポケットも備えています。右側にはカードや名刺を収納しておくポケットを備え、その下側にはそれらデジタルデバイス用のポケットになっています。









チケット類やメモの断片、レシートやいただいた名刺などのこまごまとしたものはこちらのポケットにどうぞ。パスポートや小型のメモ帳などの収納にも対応。招待状など未整理のものはとりあえずこのポケットにどうぞ。









このBellroy「Work Folio」は他のBellroy製品と同様に、その素材の品質にもきちんと配慮しました。使用しているのは、同社がオリジナルで依頼して作った牛革。

植物タンニンなめしのこの皮革は、とても触感がよく、お使いいただくたびに味わいが増してきます。また他のお財布やアクセサリー、腕時計などの身の回りのものと合わせてお使いいただくために、ブラック、キャメルの2色から選んでいただけるようにしました。また開け閉めを素早やく行うことができるYKK製のジッパーを装備し、同じ皮革をつかった大型の引き手を備えました。

















Capacity


いつも手元においておきたい仕事道具をスマートにまとめるために。
あなたの使い方にあわせて、ラージとスモール、2つのサイズを用意しています。













二つに開いて、すぐに必要なものが取り出せる。仕事に本当に必要なモノだけを手早くまとめてスマートに使うためのフォリオケース、それがBellroy「Work Folio」。あなたの使い方にあわせて、ラージとスモール、2つのサイズを用意しています。

A4(ラージ)サイズはリーガルパッドの取り付けや、12インチのiPad Proの収納にも対応した大型サイズ。持ち物はスマートにまとめたいが、つかいなれたA4サイズのノートパッドや大画面のiPadの収納にも対応させたい、という方のために用意したバリエーションです。

そして持ち物はもっとコンパクトに。タブレットはiPad miniを使いたい、ノートはA5サイズを愛用されているという方には最適なバリエーションがA5(スモール)サイズの「Work Folio」です。


















上の写真はA4(ラージ)サイズ。小脇に抱えてご利用できる大きさ。一般的に使われている見開きのフォリオケースと同じサイズながら、Bellroyらしい、これまでになかった使いやすさと収納力を備えています。大きさは縦が33センチ、横幅が25センチ、厚さは2センチととてもスマートです。

下の写真がA5(スモール)サイズ。とてもコンパクトで、どこに持って行っても邪魔にならず、さらにバッグの中の「お仕事用ケース」としてご利用いただくのにも最適な大きさでしょう。大きさは縦が23センチ、横幅が17センチ。厚さはラージサイズと同じく2センチです。















スモールサイズとラージサイズの収納の違いをみてゆきましょう。まずこちらがA4(ラージ)を開いた様子。右側にはノートパッドをとりつけるためのホルダーを装備。海外のリーガルパッドや日本製のA4ノートパッドの収納が可能。縦開きのノートを収納するためのもので、後ろ表紙を本体に固定しますので、ノートを取っているときにもズレずに筆記できる構造です。

さらにこのパッドの下側にはタブレットPC用のホルダーを装備。iPadの全機種の収納が可能な大きさです。








左側には小物類のための収納。この「Work Folio」の使いやすさの大きな特徴であるフリップ式のカードフォルダーは、ノートを取っている時には外部からはカードの存在が見えない仕組み。しかしカードや小物を取り出したい時にはすぐに対応できます。

フリップにはカードホルダーが3つ。ひとつのホルダーには3枚までのプラスチックカードの収納が可能。そのしたには伸び縮みするメッシュポケットを3つ装備。こちらにはイヤフォンやケーブル、iPhoneや薄型のモバイルバッテリーが収納できる3つのポケットがあります。

そしてその上のポケットには、紙類をまとめて収納できるスリットを備えました。飛行機やコンサート、招待状などの紙類を収納してまとめておけるポケット。未整理のメモ類、いただいた名刺を整理する前の一時保管場所として使っても良いでしょう。

















続いてこちらがA5(スモール)サイズの「Work Folio」。内部の基本デザインはA4と同じ、使いやすさも同じですが、よりコンパクトにまとめる工夫をしています。

まず右側に固定できるノートパッドはA5サイズのもの。薄型のノートだけではなく、リング閉じのノートにも対応しており、最後のページを本体に固定して使用します。またその下にはiPad miniが収納できるスリットを備えています。








コンパクトな本体サイズにあわせて、カードホルダーは2つ。デバイス用のメッシュポケットは2つにしました。コンパクトながらA4サイズと使い勝手は同じ。メモホルダーも縦長の飛行機のチケットがそのまま入る大きさです。

















Product Guide


オーソドックスなフォリオケースとして、開いてすぐに使えるメモパッド、ノートパッドを装備しています。












ミーティングの席で、開いてすぐに議事録を取り始めることができる。打ち合わせの席で顧客の要望をすばやくメモすることができる。思いついたアイデアを書き記しておく。デジタルな道具が一般的になった現代でも、使い慣れたメモパッドやノート、そしてお気に入りのペンをつかって記録を取っている、という方は多いでしょう。

そんなオーソドックスな見開きのフォリオケースとしての要望に応え、さらにメモの取りやすさにも注意を払ったのが、この「Work Folio」です。

大きく開いて右側のパートにはメモパッドやノートを固定しておいて、すぐに筆記を開始することが可能。A4(ラージ)はA4サイズから縦開きのいわゆる「リーガルパッド」の固定に対応。A5(スモール)はA5サイズの一般的なノートの裏表紙をケースに差し込んで使用することが可能。ジッパーを開いて、立ったままでもノートがずれることなく、きちんと筆記を行うことができます。















こちらがA4(ラージ)。ノートパッドはスリットの上面から差し込んで使います。黄色い色合いの紙が使われているいわゆる「リーガルパッド」(21.6×29.5cm)の固定に対応。さらに日本製のノートパッドとして一般的な「A4サイズのノートパッド」(21×31.4cm)の固定にも対応しています。















こちらはA5(スモール)。ノートはA5サイズ(22.7×14.8cm)の国内外のものに対応しています。薄型のノートはもちろんある程度の厚みのあるもの、リング式のノートの取り付けも可能で、裏表紙を本体のスリットに差し込んで使用します。















そしてもちろん、ペンホルダーをひとつ、この「Work Folio」を開いて中央の位置に備えています。あなたのお気に入りのペンはこちらに。予備用のペンが必要なら左側にあるポケットを利用しても良いでしょう。ノートが撮りたい時にすぐにペンを取り出して使用ができるペンホルダーで、太めの万年筆や、ペンクリップが大きなLAMY Safariなどを取り付けることもできるホルダーです。















さらにノートパッドの後ろ側にも収納があります。こちらはiPadなどのタブレットPCを収納するためのホルダーですが、もちろん紙類を収納しても良いでしょう。A4(ラージ)ならホルダーに入れたA4用紙を数枚をそのまま入れておくことができるサイズですから、見積書を入れたり、会議の資料などを収納しておいてもよいでしょう。A5(スモール)ならA4の用紙を半分に折りたたんで収納しておいてください。










Product Guide


スマートフォンはもちろんタブレットPCやデジタルデバイス用のアクセサリーも。まとめて収納できる機能を備えた、新時代のフォリオケースです。












ノートパッドやペン、メモ帳類の持ち運びはもちろん、いつも手元に置いておきたいデジタルデバイスの収納と携帯にも最適化したのが、この「Work Folio」。従来のビジネス用フォリオケースは紙類やノートの収納は得意としていましたが、デジタル製品の対応がなされていなかったことが、Bellroyがこの「Work Folio」を作った大きな目的でした。

私たちのビジネスやプライベートに欠かすことのできないデジタルデバイスにもきちんと対応。スマートフォンの携帯に欠かすことができないイヤフォンやケーブル、薄型のモバイルバッテリー、さらにはiPadやKindleなどの読書端末の収納もきちんとサポートするのが「Work Folio」です。








この「Work Folio」を開くと右側にあるのが様々な小物類を収納しておくためのポケット。iPhoneなどの収納はもちろん、接続ケーブルやイヤフォンの収納にも対応。薄型のモバイルバッテリーなども収納可能で、開口部が伸び縮みするメッシュポケットになっていますので、収納した小物にフィットしてくれ、収納物も傷つけません。(ポケットの数やサイズについては後述します)







そして開いて右側。こちらのポケットには前面にノートやノートパッドの取り付けが可能ですが、そに下にはタブレットPC用の収納機能を備えています。こちらにはiPadなどのタブレットPCやKindleなどを収納して持ち運んでください。

A4(ラージ)のこのタブレット端末収納は、開口部の幅は31センチ。奥行きは22センチ。iPadなら全機種、12.9インチ(28×21.5cm)の収納にも対応。開口部は上面に持ち上がって収納と取り出しがしやすくデザインされています。

A5サイズ(スモール)では開口部の幅は22センチ。奥行きは15センチ。iPad mini(21×14cm)の収納に対応。Kindleなどの書籍リーダーを収納してもよいでしょう。開口部はラージサイズと同様、上面に少し持ち上がるようになっています。

また収納部の内側には表面に目の細かい生地を貼ることによって、デバイスを擦れによる傷から守り、さらに取り出しと収納をスムーズにしています。







右側のポケットはさまざな用途で使えるポケットを装備。紙類だけではなく、ケーブルやバッテリーの収納も可能。たとえば「Tile」や「Mamorio」のような忘れ物防止タグなどをこのポケットの奥に忍ばせておけば、もしこの「Work Folio」をどこかに忘れてしまった時にも探し出す助けになるでしょう。

















Capacity


通常は外からは見えない、しかし必要な時にすぐに取り出せる。
使いやすい構造のカードフォルダーをデザインしました。













「Work Folio」はさまざまなものをまとめて収納するための機能を備え、そして必要な時に必要なモノをすぐに取り出すことができます。

例えばクレジットカードや名刺、会社の入室カードなど、カードサイズの収納機能も「Work Folio」は備えています。ただ問題は、二つ折りのフォリオケース、屋外やテーブルに置いて開いたままでメモを取ることができるものですから、クレジットカードなどのカードフォルダーは外から常に見えたままになっていることは不用心だと考えました。

そこで考えたのが、小物の収納扉に設けたカードホルダー。ノートパッドを使う時には隠れていて外からは見えず、しかしカード類を使いたい時にすぐに取り出しが可能。とても合理的で必要な時にはすぐに対応できる場所にカードホルダーを配置しました。















このカードホルダーはひとつのホルダーに最大3枚程度のプラスチック製カードの収納が可能。名刺なら5、6枚の収納ができます。またA5(スモール)のは上下に2つ、A4(ラージ)のは3つのカードホルダーを備えました。開いて手元ですぐにカードが取り出せる、とても便利なホルダーです。








さらにそのカードホルダーの向かい側にはスマートフォンや薄型の充電バッテリー、ケーブルやイヤフォンを収納しておくためのポケットを備えました。開口部の横幅は10センチ。メッシュのポケットになっているので、例えばケーブル類なら柔軟にポケットが伸び縮みしてくれて、アイテムにフィット。出し入れもとても素早くできるポケットです。予備のペンを収納することも可能です。

A5(スモール)の奥行きは8センチ。さらにA4(ラージ)では奥行きが15センチと大型で、様々な小物の収納が可能。それぞれ2つと3つのポケットを装備しています。カードフォルダーと同様、ノートパッドを使っている時は外からは見えず、ホルダーをさっと開けると収納物が何かを確認できる構造がとても便利でしょう。




















Variations


A5バージョン(スモール)

Work Folio A5 ネイビー

本体価格 ¥17,360 (税込価格 ¥19,096)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

SALE >> アシストオンだけの特別価格です!
A5サイズ 限定15個のみ、通常販売価格 ¥27,280

Capacity


A5版ノート(14.8 x 21cm)
iPad miniやKindle.


Sizes


33 x 25 x 2cm

Weight


479グラム







Work Folio A5 ブラック

本体価格 ¥24,800 (税込価格 ¥27,280)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

Capacity


A5版ノート(14.8 x 21cm)
iPad miniやKindle


Sizes


23 x 17 x 2cm

Weight


234グラム







Work Folio A5 キャメル

本体価格 ¥24,800 (税込価格 ¥27,280)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

Capacity


A5版ノート(14.8 x 21cm)
iPad miniやKindle


Sizes


23 x 17 x 2cm

Weight


234グラム










Variations


A4バージョン(ラージ)

Work Folio A4 ネイビー

本体価格 ¥25,900 (税込価格 ¥28,490)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

SALE >> アシストオンだけの特別価格です!
A4サイズ 限定15個のみ、通常販売価格 ¥40,700

Capacity


A4版ノートパッド(21×31.4cm)
リーガルパッド(21.6×29.5cm)
iPad全機種(12.9インチまで).


Sizes


33 x 25 x 2cm

Weight


479グラム







Work Folio A4 ブラック

本体価格 ¥37,000 (税込価格 ¥40,700)

注文不可

メーカー欠品中

Capacity


A4版ノートパッド(21×31.4cm)
リーガルパッド(21.6×29.5cm)
iPad全機種(12.9インチまで).


Sizes


33 x 25 x 2cm

Weight


479グラム







Work Folio A4 キャメル

本体価格 ¥37,000 (税込価格 ¥40,700)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

Capacity


A4版ノートパッド(21×31.4cm)
リーガルパッド(21.6×29.5cm)
iPad全機種(12.9インチまで).


Sizes


33 x 25 x 2cm

Weight


479グラム













Interview


デザイナー・インタビュー Rowan Dinning さんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


人々をプロフェッショナルに見せると同時に、持ち物を少なくし、どこでも仕事ができるようなワークフォリオを作りたいと思いました。

2つ折りのケース、ワークフォリオやオーガナイザーというスタイルの仕事ケース目新しいものではありませんが、従来のデザインは私たちの現代の仕事のやり方や作業習慣に比べてずっと遅れたものでした。今日手に入れられるものの大半がかさばりやすくて時代遅れなものばかりで、それらを使っていても整理整頓のプロにはとても見えません。

そうしたワークツールに対して私たちは、思考すること、整理すること、そしてこれまでBellroyのウォレットで培ったシンプルなモノ作りの融合を行いたい思いました。










最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


まずは仕事に必要なアイテムを定義するところから始めました。何が本質的に必要なのか、さまざまな職業の、それぞれ異なる働き方をする人々に向けて、何があれば良いのか。 特定のやり方を押し付けるよりも、仕事を楽にして、捗らせてくれるような2つ折りのケースを作ることが大事だと考えました。 ノートパソコン、タブレット、スマートフォンの広い流行をもってしても、ペンと紙はワークフォリオの鍵となるツールであることに変わりありませんでした。

様々なものを目の前に並べて、何をどこに入れるべきか考えました。カードで作ったラフなプロトタイプを使い、これは素早く取り出せるようにするべきだ、あれはプライベートな部分にしまった方が良いかもしれない、などと試行錯誤ました。例えばイヤホンのようなものは周囲から私たちを遮断し物事に集中させるのに優れていますが、どちらかと言えば私的なものですし、すっきりと見えにくいアイテムでもあります。ですから後部の見えない隠しポケットに入れることにしました。

私たちのデザインチームは、ベルズビーチにあるラボで、布とレザーでより耐久性に優れたプロトタイプを作って、様々なアイデアや仮説を立てて検証しました。出来る限り何度もデザインを繰り返し、検証から得た多くの情報をもとに、新しいサンプルを作りました。オフィスにサンプルがあることによって他の部署の同僚たちとの会話のきっかけになり、そこから素晴らしいアイデアが浮かび上がることもありました。

ノートはサイズ展開が豊富で、製本や綴じ方もそれぞれ異なります。「Work Folio A4サイズ」においては、デザインを妥協することなく、多種多様なノートパッドに対応させることに一番苦労しました。フォリオの右側にある裏地の生地は、無線綴じノート、ホチキス留めノート、糸かがりノート、スパイラルノートなど、様々な上綴じ・横綴じのノートパッドが使えるようになっています。また、このサイズはA4ノートやUSレター(北米や台湾などで主流の規格。216x279mm)のほとんどに対応しています。もしご自分にピッタリのノートパッドを見つけたり、職場から独自のステーショナリーが支給されたりしたら、きっと私たちのフォリオと相性が合うだろうと思います。




この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


天然素材として手触りがよく、使うほどに味わいが増してくることなど、私たちが財布を作るために「皮革」という素材を選んだことは、ごく自然で当たり前のことだと考えています。私たちは皮革という素材が大好きなのです。しかし皮革という素材はさまざまな種類と仕上げによってその質が左右されるものであり、私たちはそれを学ぶためにたくさんの時間を使ってきました。

私たちが使用している皮革は、世界の3つの指にの中に入るクラスのなめし工場で作られています。そのなめし工場は、製品管理、環境整備において優秀な成績を収めているなめし職人がいる場所なのです。

この工場は、私たちBellroyの要求に応えて、オリジナルの植物タンニンなめしを作ってくれました。このなめしは革の触感がよく、質感が高いもので、私たちの特別にオーダーで生産されているのです。また皮革の厚さ、縫製、仕上げについても製品として最適化されるように細心の注意を払い、最高のモノ作りに挑戦しています。

私たちBellroyのウォレットのために開発したものと同じ、きめが細かくバランスの良い堅さのレザーを使っています。その表面は大変優れた書き心地をもたらしてくれます。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私はAssistOnが取り扱っている革新的で美しいデザインの製品が大好きです。そういった良いデザインの製品が、自分たちの生活をよりよいものへと導いてくれ、日々の笑顔をもたらしてくれる。そんな製品を彼らは熱意を持って顧客のみなさんに提案しているのだと思っています。そして私たちBellroyが目指していることは彼らの目標と同じのもだと考えています。

バッグを持たずとも、この「Work Follio」ひとつあればどこででも仕事ができます。弁護士や建築家の方などのプロフェッショナルのほか、デスクを離れて仕事しなければいけない職種の方々にとって特にお役に立っていると実感しています。ぜひご利用ください。











Brand Story










私たちBellroyは、モノを持ち運ぶためのより良い方法を作るためのブランドです。

Bellroyを創業したのは2010年のことです。しかしスリムで機能的な財布をつくる、というアイデアは実にその10年前から始まっていました。自分のポケットの中の膨らんだ財布に対する不満はデザイン学校の学生時代にすでに気づいていたことで、それに対する解決の方法を考えようと、まずはキッチンのテーブルに仲間と集まってアイデアを練ることから始めました。






私たちはとにかく日常の中で「ものを持ち運ぶ」ということはどういうことなのか、ということを深く考え、アイデアを練り上げようと思いました。また小物関連のレビューサイトのスタッフに相談をして、アイデアのやり取りをすることにし、もらったアイデアをデザインに反映させていきました。こうやって我々は最も使用頻度が高いものはなにか、逆に滅多に使わないカードなどをどうやって分類したらいいかなどの、従来の財布のデザインの欠陥を探り出し、再設計することにしたのです。







朝、職場に向かうときのコーヒーショップで、雨の中のサイクリングで、市内の通勤機関に乗るとき、そして週末にショッピングに出かけるとき。さまざまな日常生活の中で、私たちの手の中にある財布。どんな状況でも使いやすい、機能的であると感じられる体験をもたらしてくれるものを提供したい、それが私たちの願いです。

ですから私たちは、あなたと世界中の誰もが、簡単で使いやすいと感じてくれるデザインを探して、より良い「持ち運びのための最高の方法」を探し続けようと思います。






ところで「Bellroy」という名前について。私たちはオーストラリアの「ベルズビーチ」と「フィッツロイ」の2つの場所に自宅があるからなのです。「ベルズビーチ」は世界有数のサーフィンのメッカと言われる場所で、サーフィンをやられる方ならご存知かもしれません。また「フィッツロイ」はメルボルンの郊外にある芸術やアートなど文化的な観光名所もある街なのです。

この大自然の恩恵に恵まれた場所と、都市的なカルチャーに囲まれた場所。このどちらの場所を行き来することから生まれ、その私たちの環境の融合がこの「Bellroy」というブランドを形作るのに重要なキーワードになっているのだと考えました。ですから「Bells Beach」と「Fitzroy」の2つの場所の名前をあわせて「Bellroy」という名前を作り出した、というわけです。








Recommendations








スキミング防止機能のRFIDプロテクションを搭載し、カラーも新しく。「薄いだけ」の財布とはまったく違う、Bellroyのコンパクトなベストセラー財布。「Note Sleeve






持ち物を最小限にしたい方へ。ただ薄いだけではありません。必要な時にスマートに取り出すことができる。新しい生活のことを考えた、これが新しい財布。「Card Sleeve






スマートに使える、クレジットカードや交通カードはもちろん、紙幣や硬貨もしっかり入る。使いやすさはもちろん、よりコンパクト、薄く・軽くを追求した財布「Coin Fold






出張が多くて、パスポートを手放すことができない、という方へ。豊富なカード収納、航空機のチケット、パスポートからペン、SIMを1つに、コンパクトに「Travel Wallet