あなたの「Orbitkey」をパワーアップ。カギはどこへ行った?iPhoneはどこにある?探し物タグ「Chipolo」を内蔵し、電池交換も可能に。

Orbitkey tracker

複数枚のカギをコンパクトに収納・携帯できる人気のキーオーガナイザー「Orbitkey」。内部に収納できるアクセサリーに新しい仲間ができました。

最新の探し物タグ「Chipolo」。キーホルダーや無くすと困るもの、いつもどこかへ行ってしまって探しすのがたいへんになっているモノに取り付けておられる方は、いらっしゃるでしょう。

そんな便利・安心の機能を私たちの生活にもたらしてくれる「Chipolo」の機能を、「Orbitkey」に取り付けて組み込んでしまうことができるのが、この新アクセサリー、「Orbitkey tracker」です。

出かける時にカギを置いた場所がわからない・・・・そんな時にもあなたのスマートフォンからカギのある場所を教えてくれる。ちょっと大きめの音が鳴って、その在りかを教えてくれる。そんな便利な最新テクノロジーが「Chipolo」です。

さらにカギの在り方を教えるだけではなく、そのカギの場所を地図で表示させることも可能。もし誤ってカギを落としてしまった場合、最後にアプリと接続されていた地点を地図表示してくれますから、それが捜索の手がかりとなるでしょう。



この「Orbitkey tracker」を使って、お部屋のどこかに隠れてしまったあなたのスマートフォンの場所を呼び出すことも可能です。「tracker」本体のボタンを押す事で、スマートフォンから音楽が鳴って、置いた場所を教えてくれる機能を備えています。

この呼び出しの機能はiOSをお使いの方ならSiriと連動させることが可能ですから、声で「キースマートを探して」と呼び出すこともできます。また使い捨ての忘れ物防止タグとは違い、電池交換も可能です。

カギ類をスマートにまとめる。ポケットの中がうるさくならない。そんな「Orbitkey」に最新のIoT技術を使った安心で便利な機能が追加されました。



Supported Products


iOS: 9.0以降(Siri対応)
Android: 4.4以降
*Chipoloアプリを使用



Sizes


長さ6.0cm 幅2.0cm 厚み0.46cm

Weight


5グラム

Accessory


ストラップ(着脱可能)

Specifications


電池交換可能(CR1620)
バッテリー寿命:6ヶ月(使用頻度により異る) 
Bluertoothの方式:4.0   
接続範囲:最大約50メートル
防滴:IP52 














Movies


「Orbitkey tracker」の機能を動画で紹介します。









iPhoneから「Orbitkey」を呼び出す機能の解説。






「Orbit tracker」からiPhoneのある場所を呼び出す機能の解説。






「Orbit tracker」付属のストラップを使って、取り付けたバッグを探す方法の解説。








Product Guide


「Orbitkey tracker」の重量はわずか5グラム。横幅わずか2センチで持っていることも気になりません。










「Orbitkey tracker」の重量はわずか5グラム。横幅わずか2センチで、取り付けたこと、持っていることも気になりません。もちろんキーオーガナイザー「Orbitkey」の内部に取り付け可能。すでにこれまで既存の忘れ物防止トラッカーをお使いの方ならお分かりのように、タグが外に出ていてあまりスマートでなかったことに比べると、内部に収納できることは嬉しいニュースです。そしていつもカギを取り出す時のように回転させて、すぐにボタン操作することができます。

この「Orbitkey tracker」の本体は押しボタンがあって、iPhoneの場所を探すことの他にもセルフィーの写真を撮影するときのシャッターの機能も備えています。















さらに「Orbitkey tracker」は本革製のタグを取り付けたストラップが付属しています。これを使うことによって、バッグや置き忘れなどを防止したい大切な持ち物に取り付けることができます。

これまでの忘れ物防止トラッカーはサイスが大きく、さらにパソコン付属品的なデザインのものが多く、ちょっとこれは取り付けたくない、とお考えだったからにも。タグ自体もたいへんコンパクトなサイズですから、小物ポーチなどにも取り付けていただくことができるでしょう。カラーもブラック以外のカラーとして、オフホワイトのストーンカラーも用意しています。















Product Guide


カギがどこかへ行ってしまった。スマートフォンの場所はどこだろう。そして落とした場所の表示。探し物タグ「Chipolo」を内蔵しました。












出かける時にカギの場所がない・・・・そんな時にもあなたのスマートフォンからカギのある場所を教えてくれる。ちょっと大きめの音が鳴って、その在りかを教えてくれる。そんな便利な存在が「Chipolo」テクノロジーです。

さらにカギの在り方を教えるだけではなく、そのカギの場所を地図で表示させることも可能。もし誤ってカギを落としてしまった場合、最後にアプリと接続されていた地点を地図表示してくれますから、それが捜索の手がかりとなるでしょう。

この「Orbitkey tracker」を使って、お部屋のどこかに隠れてしまったあなたのスマートフォンの場所を呼び出すことも可能。「Orbitkey tracker」本体のボタンを押す事で、スマートフォンからお知らせ音が鳴って、置いた場所を教えてくれる機能を備えています。








「Orbitkey tracker」に内蔵されている「Chipolo」の機能は、iOSとAndroidの「Chipolo」純正アプリで作動します。使いかたをiOSのアプリで解説しましょう。

まずアプリをインストールして最初の準備が終わったら、デバイス設定を行ってください。「新しい端末を追加」を選ぶとChipoloが搭載されたデバイスがいくつか並びますので、そのメニューの中から「Orbitkey」を選択して進んでください。

左側の画面が、設定が完了したメイン画面です。「Orbitkey tracker」は複数でお使いいただければ、この一覧に並び、それぞれに名前をつけて管理することができます。そしてもちろんあなたのiPhoneやAndroid携帯もこの画面から管理することができます。この「Orbitkey tracker」をバッグや小物などに統一して取り付ければ、この一覧画面からの管理・呼び出しができますから、複数の忘れ物防止トラッカーごとにアプリをインストールしておく必要はなくなります。

右側の画面、「地図上で表示」は「Orbitkey tracker」とお使いのスマートフォンのある場所を地図で表示してくれます。現在、どちらのデバイスも同じ場所に存在するため「2」と表示されています。もし誤まって移動中に落としてしまった場合にはアプリが最後に接続されていた場所を表示していますので、捜索する時に目安にすることができます。

共有機能を使うことによって、「Orbitkey tracker」のある場所を他の方と共有して確認してもらうことができる機能です。親子や家族、会社のカギなどをチームでしようする時にも便利な機能でしょう。








それぞれのデバイスの確認画面を見てみましょう。左の画面は「Orbitkey tracker」の設定画面です。大きく緑色のボタンがあるのは、「Orbitkey tracker」の場所を音を鳴らして呼び出す機能。

さらに各種の設定と、その下にあるのは、Siriに登録する機能。もしiOSをお使いの方ならSiri連動機能を使って、音声で「ヘイ、Siri。カギの場所を教えて」と声による操作で呼び出しをすることができます。

そして右の画面は、シャッターボタンの機能。カメラアプリを開いて、さらに遠隔操作でカメラのリモート撮影を「Orbitkey tracker」のボタン操作で行うことができます。







そしてこれまでのTileタグではできなかった嬉しい機能としては、バッテリーの交換ができること。バッテリー切れの時には市販の「CR1620」のボタン電池が取り用いただけます。また本体は「IP52」の防滴仕様です。





Colors




Orbitkey tracker ブラック

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,950)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!









Orbitkey tracker ストーン

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,950)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!