請求書や領収書の発送を手早く。納品書の封筒製作をカンタン、美しく。封筒の「在中」作業をセロハンテープを貼る感覚で。

WORKERS'TAPE

本体価格 ¥900 (税込価格 ¥990)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

日々のデスクワークで、お客様やクライアントへの「納品書」や「請求書」の制作業務はとても大切なもの。しかし、できることならその作業の手間を可能な限り最小限にして、手早く済ませたいものでもあります。

請求書や領収書の発送や、製品と一緒に同封する納品書の封筒製作を手早く、美しくする。そのために作ったのがこの「WORKERS'TAPE」です。

一般的に販売されている「納品書」「請求書」のスタンプは使用する度に手がインクで汚れたり、スタンプやスタンプ台を収納しておく場所も必要。さらに「納品書」「請求書」など専用の封筒を用意するとなると、封筒のデザインや発注、それを保管する場所や予算も必要となってしまいます。

この「WORKERS'TAPE」なら封筒の「在中」をセロハンテープを貼る感覚で。1本で380回の使用ができますから、たいへん低コスト。そして手早く使用可能。「大巻」のハンドカッターや、カッター台に装着して使用することができます。

デザインもさまざまな封筒に合うよう透明テープを基調に文字をデザインしました。きちんと目立って、顧客やクライアントに封入した書面の重要性をお伝えします。「請求書在中」「納品書在中」「領収書在中」と「重要書類」の4種類をご用意しました。



Supported Products


枚数:380回分
毎月10回使用した場合3年間の使用可能

Sizes


全長:35m
内径:75mm
幅 :12mm

Weight


28グラム

Material


材質 延伸ポリプロピレン
粘着剤:ゴム系
巻芯:紙

Country of Manufacture


日本製

Designer


松田綾子

Producer


松岡厚志

Brand Name


HI MOJIMOJI



















Product Guide


英語と日本語をペアに。封筒の角を利用してお使いください。










「WORKERS'TAPE」は日本語と英語をペアにしました。封筒に貼る時には上の写真のように封筒の角を使って折り返すようにしてください。もちろん日本語・英語、ご利用状況によってどちらを表面にするかをお選びください。テープはどんなデザインの封筒にもあいやすい透明テープを使い、文字のデザインにも配慮しました。














テープの横幅は12ミリ、内径75ミリの一般的な「大巻」のテープカッター台やハンドカッターが使えます。使用可能な枚数はなんと380枚。もし毎月10回使用した場合、3年使えるリーズナブルさも大きな魅力です。














Variations












WORKERS'TAPE 請求書在中

本体価格 ¥900 (税込価格 ¥990)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!









WORKERS'TAPE 納品書在中

本体価格 ¥900 (税込価格 ¥990)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!









WORKERS'TAPE 領収書在中

本体価格 ¥900 (税込価格 ¥990)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!









WORKERS'TAPE 重要書類

本体価格 ¥900 (税込価格 ¥990)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!













Interview


デザイナー・インタビュー 松田綾子さんにうかがいました











松岡厚志 滋賀県出身。関西学院大学在学中からフリーライターに。2003年に映画上映団体「cine gimmick」を旗揚げしたのち、2006年に上京。2010年にデザイン会社「HI MOJIMOJI」を設立し、販売、営業、広報、会計、総務その他を担当。

松田綾子 静岡県出身。ITベンチャーから大手GMSまで各種企業に在籍。インハウスデザイナーとしてグラフィックデザインやノベルティー製品の開発などを担当。2010年より「HI MOJIMOJI」に参加し、すべての商品開発に携わる。2012年、2016年グッドデザイン賞受賞。






この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


「請求書在中」のハンコを封筒に捺そうとしたとき、スタンプ台のインクが少なくなっていたんです。インクがかすれないよう、ぎゅっと力を入れて捺していたのですが、だんだん手首が痛くなってきて。そもそもなぜハンコを捺さないといけないのかと思いました。

ハンコを使うなら、スタンプ台にマットも必要です。インクを付け、ぎゅっと捺し、乾くのを待つ(もしくはティッシュで拭き取る)手間も封筒の数だけ負担になります。

そこで「もっとシンプルにできないか」と考えて、初めから「○○在中」と印字してあるテープがあったら貼るだけで済むのではとひらめきました。

テープだったら道具は他に要りませんし、強い力も要りません。インクで手が汚れることもありません。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


一般的なOPPテープ(延伸ポリプロピレン)に印刷すると、テープに光沢があることでギラギラとしてしまい、あまり上品には見えません。そこで見た目が細くなるよう上下に余白を設けるなどして、スタイリッシュな見栄えにこだわりました。

ただ「○○在中」と印刷したものを貼るだけでは芸がありません。商品としてのオチが欲しい。そこで日本語と英語のペアにして、封筒のオモテとウラにまたがって貼れるデザインにしました。

市販のテープディスペンサーで使えるよう、幅や直径は一般的なサイズにしています。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


封筒には色んなカラーのものがあります。会社のブランドイメージを反映したものもあります。もしこのテープがマスキングテープによくある和紙テープだったとしたら、封筒の色や素材によっては調和しないかもしれません。

ですので、できるだけ下地に溶けこみ、どんな色の封筒にも使えるよう、透明の素材である点にこだわりました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


自営業の方には特におすすめです。シンプルにテープを貼るだけなので事務作業が軽減されますし、見た目にも手軽に差別化できます。請求書などの大事な書類が見逃されないよう「在中」を強調しながら、一味違う封筒にしていただけたらと思います。







Recommendations








あわただしいお仕事をサポート。同時進行する複数のプロジェクトを管理して、整理整頓するための、新しいワークツールです。「WORKERS'BOX






お客さまのおもてなしに。セロテープの「タブ」作りを、手早く、美しく。お客様が剥がしやすいタブを効率よく自動で出来る新しいテープカッター。「タブも作れるテープカッター





あなたのあたらしい「発想」を引き出すための道具。A4コピー用紙をアイデアを膨らませる真っ白いキャンバスにしてくれる道具です。「HINGE