カード類はもちろん紙幣やコインをきちんと収納。交通カードも収納したままで使用可能。いまの生活にちょうどよい薄型財布。

Slim Coin Wallet

本体価格 ¥11,000 (税込価格 ¥12,100)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

クレジットカードやスマートフォンのタッチ式・QRコード式の決済も私たちの生活で普通になってきたこの頃。交通機関では、Suicaなどのタッチ式のカードがごく普通。

持ち歩くお財布も小型・薄型化へと進化して、いつも持ち歩くクレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードの数はできるだけ少なく、という方も多いでしょう。けれど必要最低限、非常時用の紙幣やコインは持っていたい。

そんな現代のお金まわりのあれこれにこたえるためにデザインされたのが、このTopologieブランドの新しい財布「Slim Coin Wallet」。重量はわずか50グラム。手にひらに、ポケットにも収まるスリムな外観。外見はオーソドックスな皮革製の財布ながら、現代の私たちの生活に「ちょうど良い」使いやすさを追求した。




クレジットカードの専用収納部位には4枚から5枚のカードが入り、もちろんカード内容のスキミング防止の機能付き。しかしお財布のRFID プロテクションの弱点は、Suicaなどの交通系カードの収納したままの使用ができなかったことでした。

そのためこの「Slim Coin Wallet」ではカードプロテクションと交通系カードの収納場所を分離。カードの情報を守りながらも、Suicaを収納したままで改札が通れる、この安全と便利さの両立を行いました。

さらにまだまだ残っている現金の収納と取り出しやすさにもしっかり対応。独立した紙幣の収納部位は、クレジットカード同様、確認と取り出しのしやすさをきちんと考えました。




薄型財布の多くのコイン収納部は、その機能があったとしても使いづらい、取り出しづらいものが多いもの。この「Slim Coin Wallet」は財布を開いた前面部にスリムな収納を備えました。開口部の内部には金属バネ式の構造になっていて、指で両側面を挟んでやれば開口部が大きく開く構造。

素早く開け閉めができて、しかし携帯時にはコインがこぼれ落ちてしまわない構造です。もちろんコイン以外にもカギの収納場所としてお使いいただいても良いでしょう。

「Slim Coin Wallet」に使用しているのは、高品質の本革である、トップグレイン・レザー。これを長く、美しい品質のままでお使いいただけるよう、耐水・耐キズのコーティングを施しました。毎日の生活の中でしっかりお使いいただける、現代の私たちのライフスタイルにぴったりな新しい財布ができました。









Sizes


10x8.8x厚さ1.5cm

Weight


約50グラム

Material


本体:トップグレインレザー
*耐水/耐キズコーティング

裏地:マイクロファイバー生地

Designer


カルロス・グラノン

Brand Name


Topologie








Movies


















Material


耐水・耐キズコーティングのトップグレイン・レザーを使用して作りました。












「Slim Coin Wallet」に使用しているのは、高品質の本革である、トップグレイン・レザー。これを長く、美しい品質のままでお使いいただけるよう、耐水・耐キズのコーティングを施しました。毎日の生活の中でしっかりお使いいただけるよう、その品質の良さ、風合いの良さを長く保つことができます。















この「Slim Coin Wallet」の重量はわずか50グラム。たいへん軽量で手のひらの中に収まってしまう、ポケットに入れて持ち運びやすい大きさながら、トップグレイン・レザーならではの、その肌触り、手触りの良さも大きな特徴です。

一見して、とてもオーソドックスで、なんの変哲もない革財布の風貌であることも、この「Slim Coin Wallet」の特徴です。しかしその構造は独自設計。一般的な革財布は革の重複する場所が多く、それが不必要な厚みを作り出して、重く、分厚くしてしまっています。この「Slim Coin Wallet」は財布の構造をゼロから考え直して、無駄な折り返しなどをせずに、しかし、収納物が無駄なく入り、取り出しやすいことを重点につくりました。









How to Use


しっかりとした収納力がある。そして必要な時にスマートに取り出すことができる。いまの生活のことを考えた財布です。












Suicaなどの交通カードの利用が一般的になり、スマートフォンでの決済もいつもの私たちの生活にはいってきた毎日。持ち歩きのクレジットカードや銀行のキャッシュカードはまだ必要だけれど、できるだけ必要な枚数は絞っておきたい。そして紙幣や紙幣や硬貨を完全に無くしてしまうとはできないのも、今の私たちの毎日でしょう。

外見はオーソドックスな牛革の財布。新設計のポイントは2つです。まず素材と構造を吟味、牛革を薄くすいて、さらに折り返しなどの無駄な空間は発生させず、しかし耐久性を落とすことなく作り上げる。

今の私たちの生活に必要最低限のお金まわりのものがしっかり収納できて持ち歩きができる。4枚から5枚のクレジットカードやICカード、そしてもちろん紙幣と数枚のコインも入る。必要な量だけ持ち歩きができるようそれら中身の確認がしやすく、取り出しも素早く行えるよう、きちんとデザインしました。

















クレジットカードは最大、4枚から5枚の収納が可能。これに加えて1枚の交通カードに対応します。カード専用の収納には、スキミング防止のRFIDプロテクション機能付きで旅行先でも安心安全。

手持ちのクレジットカードや銀行のキャッシュカード、社員証、Suicaなどの交通カード、そして免許証やパスポート。その内部には「RFID」つまり「Radio Frequency IDentification」(電波による個体識別)というさまざまな情報を記録したマイクロチップが埋め込まれています。

この情報とは、個人のさまざまな情報。たいへん重要な情報を記録しておくことで、あなた自身の個人を識別したり、Suicaのように乗った駅・降りた駅・チャージされた金額の記録と読み取りを瞬時にして行うことができるようになっています。

もちろんこの情報は高度に暗号化されて不正使用されないような仕組みが施されています。しかし磁気カードとは違い、カードに接触することなく情報を読み取ることが出来る利便性を持つため、悪意による情報の参照、スキミングを可能にしてしまっています。









この悪意による情報ぬきとり、スキミングに対抗するため、この「Slim Coin Wallet」はその本体素材に特殊繊維を編み込んだ素材使用。RFIDベースのスキミングによる被害を最小限の抑えるために設計されています。特に旅行者や出張者が狙われやすい国や地区では、荷物などの物理的な盗難はもちろん、クレジットカード情報の盗難は精神的な負担。この負担を解放してくれるのが、このRFID プロテクションの技術です。

一方、タッチ&ゴーの必要なSUICAやPASMOなどのICカードは、専用のカードホルダーに入れておけばOK。自動改札で慌てる必要はありません。











一般的なクレジットカードやキャッシュカードはこちらに。ポケットは二層になっていますから、あらかじめカードの分類をしておいて、使用する頻度に合わせて収納することができます。この二つの収納は一般的なカードなら2枚ほど、薄型のものなら3枚ほどの収納が可能です。








使用頻度の高いクレジットカードは、開いてすぐの一番外側のホルダーに収納しておくと便利でしょう。このカードフォルダーは開口部を斜めにしてあるため、カードをしっかりと指で挟んで取り出しやすく、また、収納するときもホルダーに戻しやすい形状にデザインしました。








こちらはSuicaやPASMOなどの交通カードをしまったまま使用できる便利な収納ポケットです。

一般的なRFIDプロテクション対応のお財布の困ったところは、通常のカードは守られても、Suicaなどは収納したまま改札をタッチして入場することができないこと。そのためパスカードを別に用意したり、改札を通るたびにカードを取り出してやる必要がありました。

この「Slim Coin Wallet」ではカード用のプロテクションの機能を備えながらも、交通カードの使用もしっかり考えて、専用の収納ホルダーを装備しました。そのためこの専用ホルダーに入れておけば、カードを収納したままでタッチが可能。改札前でまごまごすることなく、スマートに使用ができます。

改札では刺繍の入った表面でタッチ。これが印となっています。









カードやスマートフォン決済の浸透が進んでいますが、それでも駐車場や自動販売機など、現金を、コインを必要とするシーンは存在するでしょう。そこでこの「Slim Coin Wallet」では緊急時の対応も可能な、最小限のコインを収納できる専用のポケットを設けました。

もちろんコインの他にもカギやSIMカード用のピンなどの収納に使っても良いかもしれません。カギなら1本の収納が可能です。







しかし薄型財布の多くのコイン収納部は、その機能があったとしても使いづらい、取り出しづらいものが多いもの。この「Slim Coin Wallet」は財布を開いた前面部にスリムな収納を備えました。開口部の内部には金属バネ式の構造になっていて、指で両側面を挟んでやれば開口部が大きく開く構造。

あえてジッパーやベルクロなどを使わず、素早く開け閉めができて、しかし携帯時にはコインがこぼれ落ちてしまわないような構造としました。ボタンなどの金具などを使わない開口部ですから、財布自体が分厚くなってしまうこともなく、収納したカードを傷つけてしまうこともありません。












Package


大切な方への贈り物に最適。ギフトにも最適なパッケージに入っています。











パッケージサイズ:16×12×2cm 紙製のパッケージ










Colors








Slim Coin Wallet ダークネイビー

本体価格 ¥11,000 (税込価格 ¥12,100)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!










Slim Coin Wallet ブラック

本体価格 ¥11,000 (税込価格 ¥12,100)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!











Interview


デザイナー・インタビュー カルロス・グラノンさんにうかがいました








この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


ウォレットのコンテンツが急速にデジタル化され、携帯電話に置き換えられているため、この新しいプレゼントに対応する新世代のスリムなウォレットが必要であると考えています。

現金とカードは削減されますが、受け取った変更を完全に回避することはできません。デザインプロセスに取り組む際にこれらのアイデアを念頭に置いて、これらの新しい要件とプレミアム素材および美学とのバランスをとる新しいウォレットを作成しようとしました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


財布をスリムに保つことは最近の世界標準であり、私たちもこの新しいコレクションをデザインする際に、最も基本的な要件としています。裏地と革をラミネートする新しい技術を使用して、レイヤーの数と折りたたまれたエッジの必要性を減らしました。さらに、これにより、不要な線を邪魔することなく、ウォレットをよりクリーンで最小限に見せることもできます。

現代の「硬貨」の役割は、ICカードやその他のデジタル決済に取って代わられていますが、それでもコインが完全になくなったわけではありません。したがって、購入したものからの変更を保存するために、コインコンパートメントがまだ必要であると理解していますが、はるかに小さいです。複数のプロトタイプと実験により、アクセスしやすく、閉じたときに平らなバネ付きコインポケットを設計しました。追加のボタンやバックルを必要とせずに、最小限の内部を維持します。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

この新しいコレクションでは、正しい素材を選択することが非常に重要です。材料の剛性と厚さのバランスを取り、傷が付きにくく、経年劣化を可能にします。プレミアムフルグレインから一般的なスプリットレザーまで、あらゆる種類のレザーでテストしたところ、トップグレインレザーが必要なすべての仕様の最良の組み合わせであることがわかりました。トップグレインレザーはフルグレインレザーほどプレミアムではないかもしれませんが、それはまた、あなたの日常の使用に関連する多くの機能上の利点を提供します:引っかき傷防止、撥水性、そして最小限の構造のための適切な量の剛性。

最初は革が硬く、カードの出し入れが少し難しいかもしれませんが、時間が経つにつれて、財布は中身にフィットし、スムーズに動作します。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

当社の製品、特に革小物への革の使用を拡大することを目指しています。来年もお楽しみに







Recommendations






クライミングで使用するロープ収納バッグに学びました。ユニークなデザインの理由は、1枚の生地から成り立たせることで、耐久性を高め使いやすく。「Rope Tote






いつも手元に置いておくモノを「道具袋感覚」でコンパクトに収納できる。ボルダリングで使用するチョークバッグから着想を得て作りました。「Chalk Bumbag






ユニークな給水ボトルの携帯機能備えた小型・軽量のポーチ。大きさは英国の建設用レンガの標準寸法を採用しました。「Brick Pouch