アートの秋 おすすめアイテム





ページの無い、一冊の本。あなたの一番お気に入りの本のために、つくられた本。それは透明な、一冊の本。


何も書かれていない、透明な本です。透き通って、とても綺麗な、一冊の本。いつもは開いたあなたのお気に入りの一冊の上に居ます。読書が始まれば、その本の上に重ねて、あなたと一緒に読書のお供をします。











お休みの日には、外遊びに持って出かけてネコと子ネコをあちこちに出現させてしまいましょう。食卓で使えばピラフやゼリーが可愛いネコのかたちに。


ネコ型のカップ、ネコカップ。詰めてクルっとひっくり返しすだけで、可愛いネコが出現します。外遊びに食卓に。環境に配慮したバイオマスプラスチック製。











デスクの読書ライト兼文房具オーガナイザー、ベッドサイドの眼鏡置き場、お店のディスプレイに。モノづくりの高度な技術が可能にした新しい照明。


低い位置から面で照らすことで、眩しくなく美しい光を作れるミニマルな照明装置ができました。クルーズトレイン「ななつ星」の照明を作り上げた日本のLED導光板と板金技術の結晶です。











口に広がる、生姜やきな粉、黒砂糖のコクのある甘さ、そしてクルミとアーモンドの歯ごたえの良さ。素材の味を生かした、東京下町の飴屋のお菓子。


ジンジャーアーモンド、白クルミ、黒クルミ。3つの味は手鍋の直火炊きを生かした、手作りだからできたもの。墨田区で古い技術だからこそできた、素材そのものを生かした味と歯ごたえです。











お気に入りのフレーズを集めよう。アイデアをつなごう。プライベートで、家族で、お仕事場所で。新しい発想が生まれる、言葉の貯金箱。


コインを貯金箱にいれるような感覚で「言葉」や「アイデア」を貯めておく道具。読書の途中でみつけた素敵な文章。リラックスしている時に思いついた詩の断片。出かけてみたい旅行の場所。トライしてみたいお仕事のプランなど。それらを溜め込んでおきます。











誰でもアーティストにしてしまう、不思議なクレヨン。印象派を代表する画家、モネの感じた光を封じ込めた新作、できました。


みんなを「色彩の天才」にしてくれる、不思議なクレヨン。アシストオンの大人気商品を、新学期にあわせてバージョンアップしました。色彩のチップをさらに吟味し、より鮮やかに、たのしく!紙の上を動かすたびにできあがる色のハーモニー。











これから絵筆を握る方の画材セットを100年の老舗と一緒につくりました。はじめて絵筆をにぎる子どもから、久しぶりの大人までに最適な水彩絵の具セット。


はじめて絵筆を持つ子どもと、再び絵に取り組んでみたい大人に。日本の老舗画材店とアシストオンのコラボレーションで、本当の画材、本物の絵の具を含む、使いやすく長く使える入門用画材のセットを作りました。











400年の歴史がある肥前吉田焼より。新素材、多孔質磁器で作りました。コーヒーの豊かな香りと味を引き出す、新しいドリップ用フィルタ。


長い歴史のなかで鍛錬された技術で、これまでに無かったコーヒーの抽出用フィルターを作りました。使い捨てにせず繰返し使える。そして従来の紙や布、金属のフィルターとは違う、コーヒーの味と香りを大切にしたい方にお使いいただきたい、新しいフィルターです。











谷川俊太郎・覚和歌子の共同監督でおくる、大人のための映像絵本。


現代日本を代表する詩人・谷川俊太郎と覚和歌子による、共同監督作品、「ヤーチャイカ」。結婚を約束した恋人を亡くし、心と身体に傷を負い、小さな村へとやってきた女。すべてに挫折し、自殺にも失敗した男。女の務める小さな天文台で出会った2人は、同じ星空を眺めるようになり、やがて心を寄せ合うようになる。主演は、映画とテレビで、もはや欠かすことのできない存在である香川照之。そして尾野真千子。音楽に丸尾めぐみ、撮影に首藤幹夫、衣装に伊藤佐智子、アートディレクターに葛西薫と、各界の最高のスタッフがこの1本の作品に集まりました。











部屋にお好みの良い香りを。電気や火を使わず、安全で手間のかからない、小さな新しいアロマポット。400年の歴史ある焼き物の産地、肥前吉田より。


しっとりと優しい質感を持った、手のひらに乗る小さな香りのポットを作りました。焼き物でありながらミクロの細かい穴が無数に開いた新素材、多孔質磁器を使用。電気やキャンドルを使わず安全で、置き場所を選ばず、お好みのアロマの香りを楽しむことができます。











お手伝いをがんばる子どもたちへ!お料理やお菓子作りにかかせないモノ。それは、これ!一度はかぶってみたかったコックさんの帽子と、立派なおヒゲを本当につくりました。


お料理やお菓子作りのお手伝いをするには、準備が大切。まず手をきれいに洗って、道具をととのえて。しかし何か大切なものを忘れていませんか?そう、あのコックさんの帽子です。あれが無ければ、ボクたち、わたしたちの気分は、盛り上がりません!











それはまるで四季がゆっくりと変わっていくように、移ろいゆくさまざまな色。そんな色を90本、90色の色鉛筆にしました。


白緑、水晶、鳩羽紫、真鴨、薄荷、二藍、土龍、撫子。これは、なんの名前だと思われますか?これは全て「色の名前」。四季の風景とそこに生きる動物を様々な色彩にあてはめた日本の色彩、90色を書籍のようなケースに収めました。











鉛筆なら9本まで収納可能。フタを開けたら、そのままペンスタンドにも。旭川の職人が高度な技術で作った、kimeの木製ペンケース。


カフェなど外出先での筆記や校正をする時にも便利。フタを開けるとそのままスタンドになる木製のペンケースです。鉛筆なら9本まで収納可能。上下を繋ぐネジの部分、そして内部に空洞のある形状は、極めて高度な旭川の職人の技術があってはじめて実現できました。











江戸時代から続く切り絵遊び「紋きり」の型紙と和紙折紙セット 秋・月の巻


紙を折って、型通りに切り抜き、そっと拡げれば、そこに美しい紋の模様があらわれる。パッケージの中には、日本の「秋」を感じさせてくれる、月、うさぎ、菊、すすき、トンボ、栗の実、くるみ、竜胆(りんどう)などをモチーフにした紋きり型紙、24種類を収録。











手にしたときの肌触りがよくて、長く使える 新しい和紙でできたブックカバー。


その肌触りの良さ。あなたの生活にかかすことができない、たのしい読書の時間を、もっと贅沢にしてくれる、心地のよい柔らかさ。1000年の歴史を持つ山梨の和紙メーカーと、デザイナー深澤直人がいっしょにつくりました。











ドングリころころ、やさしい光が、ベッドサイドで眠りにつくまで、あなたを見守ってくれます。旭川の高度な木工技術とLED技術の融合。


天然木から浮かび上がる、柔らかな光。ベッドサイドのテーブルに置いておけば、お部屋の照明を落とした後にご利用いただく寝入場の灯りにも最適。お子様の枕元に置いていただければ、子どもたちが眠りに入ってゆくまでの間、この「ころころあかり」がやさしく見守ってくれます。