紅茶を手早く、合理的に、美味しくいただくための道具。しっかり持って操作ができて清潔な新しいティー・ストレーナー。


朝や仕事の合間など慌ただしい時にこそ、美味しい紅茶を、お気に入りの茶葉を選んで、楽しんでいただきたい。そんな気持ちから作られたのが、この「Loop」。手早く美味しいお茶をいれるための道具。デザインユニット、TENTがデザインしました。











ぴたりとサイズ調節ができる。肌触りが良く、美しい素材感を備えている。これまでに無かったネックストラップとハンドストラップ、ABITAXが作りました。


ポイントは使いやすさと、素材の良さ。従来のストラップでは見過ごされてきたポイント。サイズの調節が素早くできて、着脱を簡単に行うことができること。肌触りが良く、スーツ姿にも似合う細身で上品な素材をきちんと使っていること。小物づくりで定評のあるABITAXの製品です。











起きる、暮らす、寝る。あなたの生活の中にも谷川俊太郎の「詩」を。俊太郎さんがテレビなどで実際に着ておられるあのTシャツを特別販売。


谷川俊太郎さんの詩と一緒に、朝起きて、生活して、寝る。そんな不思議な体験はいかがでしょう?俊太郎さんの「詩」を5種類のTシャツにしました。











きれいな形。書きやすさ、使いやすさは時代を超える。筆記具の歴史的ヒット製品にして、38年のロングセラー、名作ペン。


大型のクリップのついたその印象的な形状、そしてカラフルなボディーの色合いをご覧になれば、友人や学校、職場の方がお使いになっておられたのを、きっとご覧になったことがあるはず。使いよい筆記具、長くきちんと付き合っていけるペンをお探しでしたら、ドイツLAMY社が生んだ筆記具の銘品にして、筆記具の歴史における最大のヒット製品。「LAMY "Safari"」をおすすめします。











ペンを使う楽しさをきちんと身につけよう。ドイツの名門、LAMYがつくった小学校低学年生用の筆記具。


筆記具の名門、ドイツLAMY(ラミー)社が作った小学生のための筆記具。ドイツの小学校では、鉛筆やボールペンを筆記具と使用させる前の段階として、まず万年筆で書き方をきちんと教え、正しく書けた子供から鉛筆、ボールペンでの教育に移行させます。











ケーブルの巻き取りアイテムの歴史的名作です。イヤフォンから家電の電源まで こんがらがったケーブルを美しく。ドイツがうんだグッドデザイン。


製品はシンプル。素材の上手な使い方、そしてパッケージまで全てがグッドデザインです。リビングや書斎、お仕事場にある電化製品やパソコン、照明機器から、イヤフォンのコードまで。カンタンに、綺麗に解決してくれるケーブル巻き取り装置の定番。











さまざまなサイズのケーブルをスマートに固定して、スリムに持ち運び。バッグの中のケーブルを賢く取りまとめてくれる定番アイテム。


サイズは3種類。イヤフォンのケーブルから電源ケーブルまでを幅広くカバーしてくれる。そして使用するとき、取りまとめるときにすぐに対応できるデザインです。











ミッドセンチェリー、アメリカの名作デザイン。「食器」のあり方を変えた名品、誕生60年を紀念して復刻。ユニバーサルデザインの元祖を現代の食卓に。


モダンデザインの逸品のひとつです。デザインしたのはアメリカを代表するプロダクトデザイナー、ラッセル・ライト。デザイン哲学「Easier Living」の集大成。小さなお子様からお年寄りまで、みんなが使いやすい食器を、あなたの食卓にも。











気張らず、草花の形と色を引き立たせてくれます。使わない時には平らに収納もできて、どこへでも持っていくこともできる、新しい素材でできた花瓶。


生けたお花や草の色とかたちを引き立たせてくれる花瓶です。そして光があたれば水をいれた透明な影が美しく、模様が輝きます。特殊なフィルム素材で出来ていて、破損しずらく、扱いやすく、収納もしやすい。ぜひお花にいっしょに添えて、あなたの大切な方の贈り物に。











あなたの大切な鉢植え植物に、いつお水をあげれば良いかを賢く教えてくれる。世界初、電池を使わず誰にでも使える待望の水分計、できました。


適切な水やりで、植物は驚くほど元気になります。せっかく良かれと思ってお水をあげたのに、根腐れでダメにしてしまった。鉢植え植物を育てる時に最も多いトラブルを解消。日本の最新技術を使い、プロの栽培農家と共同開発された、全く新しい植物用水分計。











暑い日を心地よくしてくれる。伝統的な「注染」の手法で作った、高い品質の手ぬぐい。デザインの最前線で活躍するデザイナーと一緒に作りました。


暑い夏の日には、水でぬらして堅く絞った手ぬぐいを首にあてると、すっと汗が引いてきます。これは日本人が先祖の時代から知っていた知恵。綿という素材のもつ風合いの良さと、ひとつあるだけで何でも出来てしまう合理性。そして、様々なデザインを施して楽しむという感性。2015年新作の「てぬコレ」