読書好きな方へ






手にしたときの肌触りがよくて、長く使える 新しい和紙でできたブックカバー。


その肌触りの良さ。あなたの生活にかかすことができない、たのしい読書の時間を、もっと贅沢にしてくれる、心地のよい柔らかさ。1000年の歴史を持つ山梨の和紙メーカーと、デザイナー深澤直人がいっしょにつくりました。











読みかけのページに貼る。チェックしたい場所を覚えておく。注意箇所をマークしておく。すると、ページの上には楽しいことに、ひとつの街の風景ができあがります。


あなたが今よみかけの本、勉強用のノート、そしてお仕事の資料の上から立ち上がる、街の風景。そんな楽しい「付箋」。日本在住の英国人デザイナー、ダンカン・ショットンがデザインしました。











ページの無い、一冊の本。あなたの一番お気に入りの本のために、つくられた本。それは透明な、一冊の本。


何も書かれていない、透明な本です。透き通って、とても綺麗な、一冊の本。いつもは開いたあなたのお気に入りの一冊の上に居ます。読書が始まれば、その本の上に重ねて、あなたと一緒に読書のお供をします。











机にコンパクトに置ける、陶器製オブジェ。実は肩と手に心地よいツボ押しと、近くで香るアロマポットの役割。あなたをリラックスさせます。


デスク仕事に「ちょっと疲れたな」「ちょっと眠いな」と感じたら手のひらで握って、ツボ押しに。そんなふうに使える可愛いトリのオブジェ。ちょっとしたお返し、贈り物に最適です。











口に広がる、生姜やきな粉、黒砂糖のコクのある甘さ、そしてクルミとアーモンドの歯ごたえの良さ。素材の味を生かした、東京下町の飴屋のお菓子。


ジンジャーアーモンド、白クルミ、黒クルミ。3つの味は手鍋の直火炊きを生かした、手作りだからできたもの。墨田区で古い技術だからこそできた、素材そのものを生かした味と歯ごたえです。











ホンモノのマッチ箱を再現したパッケージの中には、小さな小さな100ページの豆本が。中には世界の150種類のマッチラベルのデザインを収録。


かつてマッチ箱のラベルは、ひとつの広告メディアであり、優れたデザインの宝庫でした。かつての、優れたデザインのマッチラベル150枚を集めて、3冊の小さな本を作りました。マッチ箱の中に収めて。珠玉のデザインが、小さな箱の中から現れる、わくわくの3冊セット。











「ミッフィー」で知られるデザイナー、ディック・ブルーナが若き日に手がけた装丁作品を、444ページの豪華本にまとめました。


ミフィーで知られるオランダが生んだ「世界で最も有名な絵本作家」 その装丁家、デザイナーとしての、もうひとつの側面の全貌を紹介した豪華書籍。いったん品切れになって数年が経過していましたが、お客様からの声も多く、この度、復刊が叶った新装版。











いつも側に置いておきたい一冊の文庫本。お気に入りのポストカードを、今聴いているCDを。さっと置くだけで使える上質な木製の、小さな額縁。


お気に入りの一冊を、一枚をこちらに。あえてガラスの覆いなどは設けず、フレームの中に、さっと気軽に立てかけておく。ウォルナットとナラ材をひとつずつ丁寧に仕上げてつくった額縁。











今、聴いているCDのアルバムを。お気に入りの書籍や文庫本の表紙を飾るために。置き場所を取らずに、気軽にお使いいただける天然木のスタンド。


製造は北海道ニセコ連峰のふもと、蘭越町字湯里にある工房。上質な家具の素材としても使われる2種類の木材を、その本来の木目や色合いを生かすことを最優先で考え、日本製の植物ベースのオイルで仕上げて作りました。











いつも手元に置いておきたい、とっておきの文庫本だけを揃えて作る、あなただけの小さな本棚。北海道ニセコ連峰のふもとの工房で、上質な素材からつくりました。


あの作家、あの作品の全集を集める。テーマを決めて、いつも手元に置いておきたい、とっておきの作品だけを揃える。これから読むための本、読みかけの本の待機場所として。そうやって選んだ文庫本は、この専用の小さな本棚、「文庫スタジオ」にどうぞ。











優しい光を自由に調光ができ、電源ケーブルは要らず、コンパクトに収納し、携帯も出来る。従来の照明器具の課題を最新技術と、デザインの力で解決しました。


外見は一冊の書籍。手触りが良く、美しい木目の天然木、ウォルナットとメイプル材で出来ています。表紙を開けば光が点灯。高出力LEDを搭載し、500ルーメンの明るさ。大容量のリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、連続8時間の使用が可能。全く新しい照明の誕生。











閉じれば、場所を覚えてくれます 魔法のように不思議で綺麗なブックカバー


電車の中で、ランチのとちゅうで。パタンとページを閉じても、ちゃんと場所を覚えていてくれます。チョウチョが出たり入ったり。魔法のように不思議、そして綺麗なブックカバー。カラーは8色、文庫本と新書本に対応。リーズナブルなので、ちょっとしたお礼や手土産にも最適です。











旅先での使いやすさ、便利さを追求した、旅行ガイドブック専用カバー


旅先で必要な時にすぐ取り出して、閲覧、行動。これを可能にするための機能性を装備。小型で軽量ながら、ブックカバーの機能だけでは無く、しおりの機能、そして小物ポケットや貴重品入れの仕組みも持っています。あなたの旅の良き相棒になれるようデザインしました。