6-12歳ギフトコース





子どもも大人も一緒になってロボット作り、操縦したり、プログラミングにも挑戦できる、ロボット製作キット。


ユカイ工学が作ったロボット制作キット。実際に手を使って工夫をしながら自分だけのロボットを作り、動きをプログラミンできます。「小学生ロボコン」公式キット。











福島の刺子織でお手玉をつくりましょう。丁寧に織られた布の風合いと、伝統的な手法。これに新しい幾何学模様の図案を施した十布のお手玉キット。


みんなでお手玉をつくろう。伝統的な手法を生かしながら、独自の手法で織られた「刺子織」のオリジナルテキスタイル。私たちの想像力をかき立てる図案が魅力。











ぬり絵であそびながら、恐竜のことを知る。広げて大きく、楽しく学べる「NuRIE」と「学研の図鑑」コラボレーション。


大人も子供も楽しむ。恐竜図鑑を塗り絵で楽しみながら作っていきましょう。恐竜のことを詳しく知る、自由に塗り絵を楽しむ。そしてARアプリにも対応の新しい「恐竜図鑑」。











「ホッホー」の声は和紙のふいごを使用。明暗センサーを搭載し、現代の家庭で使いやすい大きさ。40年の技術を集積した懐かしくて新しいカッコウ時計。


職人の手作業による日本製のふいごは独自設計。長くカッコー時計を作ってきた技術を集積。外見は現在の私たちの生活にマッチした、小ぶりで掛け・置き供用。時計の読み方を覚えたい子どもたちにも。











子どもと話しながら、安全で楽しい「前髪カット」を。プロの理美容師とデザイナーがパパ・ママの声を聞きながらつくりました。


変身マスクをお顔に当てることで、切った髪が顔や目に入らない、ハサミがお顔に当たらない。そしてお気に入りの髪型に合わせて、切りすぎも防止。親子でたのしく前髪カット。











恋文から挑戦状まで!LINEやメールで味わうことができない、インパクトのある手紙を書くならこれ。実際に切手を貼って郵便で送ることができます。


12年ぶりのリニュアル。富士ゼロックスの最新印刷技術を使用することで、手作りの温かみはそのままに、印刷クオリティーがアップ。金・銀を加えた全4種類のラインナップに!











アパートには25人の子どもたちが住んでいます。ルールはシンプルなのに子どもから大人まで一緒に盛り上がれる新しいカードゲーム。


手のひらサイズのアパート型の可愛いボックスの中には、子どもたちのカードが。











みんな大好き、ドミノ倒しをつくりながら、プログラムを設計することを学べる。合計60問の挑戦に応えて、倒れるドミノの回路を正しく設計せよ!


ひとりでも家族でも楽しめる。挑戦に応えて、迷路を作るように、パズルを解くようにして正確にすべてのドミノが倒れる、階段を上がったり下がったりする回路を作ってください。











お休みの日には、外遊びに持って出かけてネコと子ネコをあちこちに出現させてしまいましょう。食卓で使えばピラフやゼリーが可愛いネコのかたちに。


ネコ型のカップ、ネコカップ。詰めてクルっとひっくり返しすだけで、可愛いネコが出現します。外遊びに食卓に。環境に配慮したバイオマスプラスチック製。











世界の民族楽器を内部に収めて、誰でも振るだけで演奏。あなたをひとときの「世界旅行」に連れていく、あたらしいデバイス。


スティールパンやマラカス、コンガ、さらにはバラライカ、ガムラン、シタールなど。世界の楽器を生録音して採取。最新のセンサーやハード技術を使い、外装は無垢のメープル材から作りました。











もしもの時には、すぐに水に溶かして!誰にも知られたくない、あなたの「秘密メモ」を書き記しておくための、専用のメモ用紙。


秘密のメモに、ToDoリストにして成し遂げた時の達成感を味わうために、願いごとや呪文を書いて。デジタルの時代には体験できない不思議さ、面白さを。











筆記具やえんぴつがしっかり入って、ちょうど良い大きさ。バウハウスの基礎を築いた色彩学から生まれた、自由学園の先染めのテキスタイル使用。


フランス語で「盛夏」、南仏の夏の美しい太陽の光がよく似合う色合い、という意味を込めて名付けられ、バウハウス教育の基礎を築いたヨハネス・イッテンの色彩学を基礎にデザインされた、自由学園生活工芸研究所のファブリックを使用しました。











小さなお子さまや赤ちゃんのための「最初の照明装置」です。安全性のための素材選びと最新のテクノロジー。そして本体にはミフィーとその仲間を採用。


間接照明に、夜間のナイトライトとして。どこへでも持っていけて、6段階の明るさ調節と24時間以上の点灯が可能な、オランダが生んだ照明装置。本体はディック・ブルーナのあのキャラクタたち。











鉛筆を心地よく削る。芯を良い塩梅に整える。そのためだけに専用に作った刃物です。新潟県三条の長い伝統と技術から作られた、新しい刃物と専用硯。


ひとつひとつ手作業で、昭和初期から物づくりの職人を支えてきた小刀製造の増田切出工場が作った新しい刃物です。芸術やデザインのインスピレーションの源となる「鉛筆」を削る、整えるための専用の刃物と硯。











カラーフルなピースをならべて、絵や文字をつくる。子どもも大人も手を動かして気の向くまま。描くように、書くように楽しむ、それがエモージ。


やさしい手触りの108枚、8色の紙のピースでつくる学遊び道具です。たくさんの中からどの形を選ぶか、どの色にするか。ひらかな、カタカナ、数字、さらには漢字もつくれて、遊びはいつか学びに。











植物のかたちの不思議を、4センチの透明なキューブにとじこめました。


手にして目の前にかざせば、植物の微細な毛先や、種子の形状のひとつひとつが、いつまでも変わらない姿で、浮かんでいます。わずか4センチの、驚くほど透明に形作られた正六面体のアクリルの中に、自然の不思議さ・強さ・美しさをとじこめました。











日本の先端的な金属加工メーカーが作りました。一枚の金属板を丁寧に折り曲げる、調整する、組み立てることで、金属加工の基礎を学ぼう。


日本のモノづくりを支えている墨田区のメーカーが、子供と大人のためにつくったキットです。薄い1枚のステンレス板が9個のパーツになって、付属の治具で組み立てると、かわいいロボットが完成。











思いきり好きな色を塗って、線からはみ出して!子供たちに思うぞんぶん、塗り絵の楽しさを体験してもらうために、A0版の巨大ぬり絵をつくりました


「スケッチブックや落書き帳からはみ出して、思う存分に、色を塗ってみたい。ずっとずっと、大好きな絵を描いていたい」と思い続けて大人になった、紙屋さんとデザイナーが作りました。











鉛筆なら9本まで収納可能。フタを開けたら、そのままペンスタンドにも。旭川の職人が高度な技術で作った、kimeの木製ペンケース。


カフェなど外出先での筆記や校正をする時にも便利。フタを開けるとそのままスタンドになる木製のペンケースです。鉛筆なら9本まで収納可能。上下を繋ぐネジの部分、そして内部に空洞のある形状は、極めて高度な旭川の職人の技術があってはじめて実現できました。











生き物みたいなかたちのポシェットです。お出かけに最適。身のまわりのものを「バクッ」と食べる感覚で入れておいて、あなたの身体にくっつきます。


「食べる」と「ぶらさがる」という生き物の機能を単純に表現し、小さなバッグにしました。生き物のような、街歩きに便利なボディーバック。スマートフォンやお財布、iPad miniなどの身の回りのものを「バクッ」と食べる感覚で持ち運び。











フランスからやってきた。3歳の子供から大人まで、みんな一緒に楽しむことができる、知的ゲーム。解けたらレベルをアップしてゆく達成感とワクワク感が魅力です。


組み合わせ方は36,057通り。その解き方には言葉は必要なく、年齢も関係ありません。必要なのは与えれた木製ピースの形をきちんと認識し、空間にきちんと組み合わせてゆくための、ヒラメキとセンスです。











ジーンズ生地で出来た、どこか古風でなつかしい真四角のバッグ。プロ、アマチュアの画家に愛され、60年代から作り続けられてきた、多機能バッグ。


デニムの生地を使用し、とても素朴な風合い。無駄なディールを無くし、持ちやすさ、荷物の出し入れのしやすさを最大限に考えました。またしっかりした生地と丁寧な縫製で仕上げたため、たいへん丈夫で、子供たちにも持っていただけるように、できるだけ軽くつくりました。











どのネズミが先にチーズに辿り着けるか。フランス国内だけでなく世界中のボードゲームファンを魅了している知的対戦ゲーム。シンプルながら先を読む力を育てます。


基本ルールだけを覚えればすぐにゲームを始めることができ、誰にでも楽しむことができること。相手が何を考えてコマを動かしているのか、他のプレイヤーの手の内を予想しながらこちらの作戦を立ててゆく、ワクワク感。フランス発のボードゲームがやってきました。











自由学園生活工芸研究所とSetoのコラボレーション。バウハウスの基礎を築いた色彩学からデザインされた、高品質なオリジナル生地を使って作りました。


Le plein ete、フランス語で「盛夏」、南仏の夏の美しい太陽の光がよく似合う色合い、という意味を込めて名付けられ、バウハウス教育の基礎を築いたヨハネス・イッテンの色彩学を基礎にデザインされた、自由学園生活工芸研究所のファブリックを使用。自然やいきものに学ぶデザインレーベル、seto(セト)とのコラボレーション。











よい風が吹いたな、と感じたら。いつでもどこでも、凧揚げ遊び。手のひらサイズのパッケージに収納できる、軽量コンパクトな「骨の存在しない」凧。


みんなが子供の頃に楽しんだ凧揚げ遊び。あの楽しさが帰ってきます。お休みの日はどうぞゆっくりと、空を見上げて。手のひらサイズのパッケージに入って、どこへでも持っていける、気軽にたのしめる。骨の存在しない不思議な凧。











誰でもアーティストにしてしまう、不思議なクレヨン 印象派を代表する画家、モネの感じた光を封じ込めた新作、できました


みんなを「色彩の天才」にしてくれる、不思議なクレヨン。アシストオンの大人気商品を、新学期にあわせてバージョンアップしました。色彩のチップをさらに吟味し、より鮮やかに、たのしく!紙の上を動かすたびにできあがる色のハーモニー。











人気の今治タオル・マフラーの心地よい肌触り、ふんわりあたたかく、お洗濯がしやすくて、いつも清潔。この使いやすさ、やわらかさを生かしてつくった新しいブランケット。


最高品質のスーピマ・オーガニックコットンを使用しました。軽くて、肌にやさしく、あたたかく、しっかり汗も吸い取ってくれる。ふっくらとしたタオル素材の良さをそのまま生かしました。毎日の生活の中で、そして季節を選ばずいろいろな使い方ができるブランケットです。











最高品質のコットンだけを使って、吸水性が良く、かさばらない、新しいハンカチーフをつくりました。古くから綿織物とタオルを作ってきた、愛媛県・今治だけの技術です。


普通の綿ハンカチは、吸水性が悪く、すぐに濡れてべしょべしょになる。タオルハンカチは、かさばって、ポケットが膨んでしまう。そんな不満を解消します。希少性と品質の高さで知られるスーピマ・オーガニックコットンを使用。江戸時代から織物産業の盛んな今治の優れた技術で織り上げました。











身近なカタチを影絵のシルエットにした、たのしい黒板!


黒板とチョークは、どこか素朴で、味わいのある、ずっと変わらない、どこか好きになってしまう道具。お絵描きの大好きな子供たちに体験してもらうために作ったのが、この「キリヌキこくばん」。ごっこ遊びにも使える4つの道具をモチーフにした黒板と、チョークの収納できる黒板消しもつくりました。











やさしい麻の風合いをもった、こどものためのエプロンと巾着の作成セット


お料理、お菓子作りのお手伝いに欠かすことのできない、エプロンと巾着。せっかく使うのだから、作るところからはじめていただきたい。そんな気持ちから、こどものエプロンと巾着のキットをつくりました。必要な材料が全てセットされていて、手縫いで完成します。











これから絵筆を握る方の画材セットを100年の老舗と一緒につくりました。はじめて絵筆をにぎる子どもから、久しぶりの大人までに最適な水彩絵の具セット。


はじめて絵筆を持つ子どもと、再び絵に取り組んでみたい大人に。日本の老舗画材店とアシストオンのコラボレーションで、本当の画材、本物の絵の具を含む、使いやすく長く使える入門用画材のセットを作りました。











枝に幹に、ポテトチップスが実るという ふしぎな不思議な木がありました


むかしむかし、あるところに、その幹に枝に、おいしい美味しいポテトチップスが実るという、不思議な木がありました。名前は「ポテ木」。この木に実るポテトチップスはあまりの美味しさ。子供も大人も夢中になって食べたのでした。