キッチンまわりのおすすめギフト





肉料理はジューシー、野菜はパリッと、食材の美味しさをしっかり引き出す。そして「作る」と「食べる」を一緒に。ミニマルな鉄フライパン。


独自の焼き付け加工で、食材がくっつきづらく、お手入れもラクに。ハンドルが取り外せることで、そのまま食卓へ。操業70年の鉄フライパンメーカーとTENTが開発した新しい食卓の風景です。











炒める、焼く、煮る、蒸す、揚げる、炊く。このカタチひとつでどんな料理もこなせてしまう、オールインワンの性能。最も理想的な調理器具の形を求めて作りました。


オールインワン鍋の先駆者として、長年にわたって愛されてきたこのカタチをアップデート。耐久性能を大きくプラス。便利で安全、清潔に使える機能性をプラス。柴田文江と、新潟県・燕市のメーカーと一緒に、人気のレミパンを新しく作りなおしました。











保冷性能と清潔に保てること、そして使いやすいこと。良いものがあるようで無かった、バターが大好きな方のためのバターケースを作りました。


トーストにバターを塗るときはもちろん、お料理にも使いやすい。しっかりバターナイフが使えて、冷蔵庫でも清潔に保管できる。あるようで無かった使いやすいバターケース。











バター付きのトーストが大好きな方のために作りました。バターのかたまりをくるくるとすくい取って手早く伸ばすことが出来る、新潟三条の技術です。


刃先にバターをすくい取るための特別な仕組みを搭載。固いバターの表面を撫でると、くるくるとバターが糸状に削れ、ふんわりとトーストに塗ることができる、トースト好きのためのツール。







!-- 商品情報はここから -->




佇まいの美しさ、使いやすさ。モジュール化によって生まれた調和。400年の歴史ある波佐見焼の手法から生まれた、新スタンダードのマグと器


そのフォルムは一切の装飾を無くして、潔くすっきりとした直線と機能性と製造工程の必然性から導かれた曲線に。すべてのサイズをモジュール化して、積み重ね収納を可能にし、カップと茶器、そしてトレー同士が静かに共鳴し調和しあうように。











手早く、誰にでも使えて、けれどコーヒー豆の味と香りは逃さない。新技術の密閉式ポッド方式と圧力抽出で完成した、全く新しいコーヒー抽出の方法です。


ペーパードリップ、フレンチプレス、エアロプレス、ネルドリップ、パーコレーター、ウォータードリップ。どれとも違う、誰にでも美味しいコーヒーを短時間で簡単に淹れることができる。コーヒー豆を密閉式ポッドの中に詰め込んで、美味しく抽出します。











ビール党の方へ。真鍮の美しさ、味わい深さに注目。NYブルックリンの工房による、オープナー。硬式野球ボールの「継ぎ目」をヒントに作られました。


アメリカ、ニューヨークの下町ブルックリンにある工房で、ひとつひとつ、手作りのものづくりを行っている、Craighillがつくりました。金属なのに優しい風合いの栓抜き。











味を損なわず、手入れも簡単。「お家で挽くコーヒー」を身近にしてくれる、コンパクトで使いやすい、コーヒーミルのベイシック・スタンダード。


ドリップコーヒーを楽しまれる方も、豆はお店で買う時に挽いてもらう、という方は多いのでは?挽きたてのコーヒーが一番美味しいのは分かっていても、機械が大げさ、手入れが面倒、音もする。そんな従来のコーヒーミルの欠点を克服した新しいミルできました。ミニサイズもあります











水切りカゴがきらいな方へ。食洗機を使うほどでもない少量の洗い物にも。さっと水分を吸い取って清潔。天然の珪藻土でつくった水切りボード。


秋田産の珪藻土を使い、石川県の高度な左官技術によって作りました。洗ったグラスや小皿、カトラリーを素早く、スマートに水切りします。収納場所も占有せずこれまでの水切りカゴや台ふきんの困ったを解決します。











コップやグラスについた結露をすっと吸い取ってくれる。そしていつも清潔に整えておくことができる。天然素材だけでつくった高機能な新しいコースターです。


従来のコースターの使いづらさを解消する、秋田産の珪藻土でつくった新しいコースターです。水分をすっと吸い取って、吸い取った水分は空気中に戻してくれる。さらに洗って清潔に。おもてなしのアイテムとして、使う心地よさの違うコースターです。











丁寧に織られた布の風合いと、伝統的な手法。これに新しい幾何学模様の図案を施しました。福島の刺子織でつくったtenpのコースター。


伝統的な手法を生かしながら、独自の手法で織られた「刺子織」のオリジナルテキスタイルで作りました。私たちの想像力をかき立てる図案が魅力のコースター。











最高品質の先染め織物を使った、80年以上の歴史あるエプロン。バウハウスの基礎を築いた色彩学をもちいて、自由学園生活工芸研究所がデザインしました。


フランス語で「盛夏」、南仏の夏の美しい太陽の光がよく似合う色合い、という意味を込めて名付けられ、バウハウス教育の基礎を築いたヨハネス・イッテンの色彩学を基礎にデザインされた、自由学園生活工芸研究所のファブリックを使用しました。











とてもミニマルなコーヒードリッパー。自宅でも旅行や出張、アウトドアでも。あなただけのコーヒーを、豊かな味わいの一杯を作ることができます。


まるで建築物のよう。3枚のステンレススチールのプレート組み合わせると、強度のある三角形のドリッパーが完成。市販の円錐形ペーパーフィルターがそのままご利用いただけます。ヌメ革のケースにも収納可能。











内側のマイクロファイバーがこぼれたお水や、汚れをさっと拭き取り、洗い流して何度でも使える、厚さ2ミリ。いつもテーブルに置いておける、新しいフキン。


これまであまり変化の無かった食卓、テーブルの上の「フキン」のあり方を考え直しました。新しい素材を使って、汚れを落とし、水滴も拭き取る。そしていつもテーブルの上にあってじゃまにならない。











しっかり握ることができて、開けやすい。これまでの栓抜きになかった使いやすさ。ビール好きなら1つ側に置きたい、kimeの栓抜き。


使う時、手の中にしっかり収まり、しっかり握って使えるセン抜き。金属の歯は裏側にあるため、テーブルを傷つけることもない。引き出しに収納するのではなくて、天然木の木目を楽しむため、テーブルに飾りたくなる栓抜きです。











食卓の上にたたずむ高さ4センチの小さなお家 400年の歴史を持つ佐賀県肥前吉田焼でつくられています


屋根の高さが4センチ。手のひらにも乗ってしまう、とても小さな「お家」 400年の歴史を持つ佐賀県肥前吉田焼でつくられています。屋根、壁、床、そして煙突と、4つのパーツに分解する小さなお家の、さてその役割は?











手に持ちやすい、使いやすい、やさしい形。牛乳を愛する方のために、ミルクを飲むための専用のコップをつくりました。


朝、寝起きののど越しが嬉しい、一杯の牛乳。寝る前に、ゆっくり睡眠を取るためにいただく、やすらぎの牛乳。おいしい牛乳を味わうために、専用のコップをつくりました。手にした時にすべりづらく持ちやすく、真っ白な牛乳がより美味しくいただけるかたち。











400年の歴史がある肥前吉田焼より。新素材、多孔質磁器で作りました。コーヒーの豊かな香りと味を引き出す、新しいドリップ用フィルタ。


長い歴史のなかで鍛錬された技術で、これまでに無かったコーヒーの抽出用フィルターを作りました。使い捨てにせず繰返し使える。そして従来の紙や布、金属のフィルターとは違う、コーヒーの味と香りを大切にしたい方にお使いいただきたい、新しいフィルターです。











コンパクトで、卓上に置いて、でしゃばらい。波のかたちが不思議で使いやすい、北海道・旭川の木工技術が作り上げた、Kimeの楊枝たて。


見た目にも美しい、波を描く楊枝。高低差があることで、楊枝1本だけを取り出しやすく、そして装填もしやすい。食卓に置いた時に食事の脇役として主張せず、しかし使いやすさと美しさを兼ね備えています。











ワインが、日本酒が、ビールがもっと美味しくなります。白く美しい「透ける土」で出来た、これまでになかった、新しい酒器。歴史ある信楽焼の職人が作った、光を透過させる磁器。


ガラス素材のような、白さ、透明感、そして凛とした美しさ。そして陶器という素材の持つ、柔らかさ、素朴さ、優しさ。別々の素材から出来上がったような、不思議な両面性を兼ね備えた、まったく新しい酒器が出来ました。











家庭でのゴミの分別作業をラクに、手早く行うために。弱い力でも使いやすく、さらに安全性を第一に考えられた3つのツール。


段ボールの解体や、缶のガス抜き、ビンのキャップの分離、牛乳パックの分解。キッチンハサミやカッターで行うと時間が掛かったり危険だったゴミ分別の作業を手早く安全に。鎌倉時代から刃物の産地として知られる岐阜関市の専門メーカーが作りました。











開けづらかったビンや、缶詰のフタをラクに開封。本体の持つ位置を変えることで、様々なニーズに対応できるマルチオープナー。


ジャムの瓶の蓋や、イージーオープンの缶など、キッチンまわりの開けずらさを一気に解消。発売依頼20年近く売れ続けているユニバーサルデザインの代表的なアイテム。キッチンの引き出しに1つあれば必ず役立つアイテム。











目指したのは、しっかり濃いのに、味は重くなく、すっきりした飲み心地。コンパクトでお手入れがしやすい、陶器と木を使ったコーヒー・ドリッパー。


ロングセラーのコーヒードリッパーに、スモールサイズが新発売。ご自宅やお仕事場で、美味しいコーヒーを。3杯ぶんまでのドリップコーヒーを煎れるための、新しいドリッパー。コーヒー豆の特徴がきちんと出て、雑味がない。ほどよいカフェインを感じ、素直で、飲みやすい。そんなコーヒーを淹れるための新しいカタチ。