万が一の時にも、毎日の生活の中でも。あなたを守る、やさしい光。いつもは常夜灯として機能し、自動充電。緊急時、震度4の揺れを感知して、万が一に備えてくれます

Pioma 防災ライト

NEW >> 人気のPioma防災ライトが、より小さく、より軽く、そしてより使いやすくなりました。

災害・停電が万が一おきた時の備えのために、懐中電灯をお備えのご家庭は多いでしょう。しかし、実際に地震などの災害や停電が発生してしまった時に、そのライトがどこにあるのか?また慌てた時にさっとすぐ手に取ることができるのか?そして肝心のバッテリーの問題はないのか、電球は切れていないのか?

これらのとっさの時にしっかり役立って、常にスタンバイしてくれる。そして万が一の時だけでなく、毎日の生活にも役立ってくれるように。そんな観点に立ってデザインされたのが、この防災ライトです。





手のひらにも収まるコンパクトなライトですが、内部には最新の電子技術を搭載。壁のコンセントに差し込んで常時スタンバイ。もし震度4以上の地震が発生した場合、内部の地震センサーが稼働して、ライトを点灯。停電発生時も同様にライトが自動的に点灯します。

せっかくフラッシュライトを用意してあっても、肝心の時に置き場所が分からない。どこかにしまって使えない。この防災ライトは、そんな緊急時にも各センサーがインテリジェントに作動して、自らの場所を教えてくれますから、万が一の時にも、あわてて「懐中電灯はどこ!?」と暗闇の中を探しまわる必要もありません。





こちらが防災ライト本体に組み込まれている、地震を感知するセンサーユニット。このライト本体を手に持って揺すっていただくと「カタカタ」という音がしますが、この音はこのセンサー内部に組み込まれた特殊な振り子が発している音です。

光源には最新の高輝度LEDを搭載。電球式ではありませんから、災害時に電球が切れていて使えない、というトラブルもありません。また少ない電力でも作動させることができますから、内蔵バッテリーが満充電なら、最長、6時間もの連続点灯が可能です。





常時、壁のコンセントにスタンバイさせておきますから、充電のしわすれが発生することもありません。また周囲の明るさを感知するセンサーも搭載されいて、消灯後、30秒間は自動点灯させることが可能です。

ご自宅の各ベッドルームにひとつづつ備えていただければ、お部屋の電気を消した後、寝床に入る前の足下照明としてご利用いただくことができ、もし深夜に災害が発生した時には自動的に点灯して、万が一に備えることができます。








Functions


震度4相当以上で点灯
停電時の自動点灯
まわりが暗くなった時に自動点灯
コンセントから外して懐中電灯


Specifications


光源:チップ型高輝度LED
(黄色みがかったライト)

定格電圧:AC100V 50/60Hz
消費電力:0.4W
 (電気代1ヶ月あたり7円)
充電時間:約48時間

使用電池
:ニッケル水素電池
(3.6V650mAh)
:電池寿命 約3年
(使用頻度により異なります)

点灯時間
:地震時:約10分
:停電時:約10分(自動消灯機能)
;携帯照明として:約6時間
:消灯後の足元灯:約30秒


Sizes


高さ9.6×幅6.2×奥行き3.2cm
*プラグ部分を除く

Weight


約118グラム

Material


ABS、アクリル

Country of Manufacture


日本製


Notes


本製品を揺らした時に発生するカタカタとなる音は内蔵の地震センサーから発生するもので、製品の破損ではありません
















Product Guide


もしもの災害時に、毎日の生活でも
常に使える情態でスタンバイして、いざという時にそなえます









地震の時、停電の時の非常灯として




災害・停電が起きた時の備えのために、フラッシュライトをお備えの家庭は多いでしょう。しかし、実際に災害が発生してしまった時に、そのライトがどこにあるのか?また慌てた時にさっとすぐ手に取ることができるのか?この観点に立ってデザインされたのが本製品です。

まず緊急時の対応。震度4の地震が発生した時、内部の地震センサーがその揺れを感知。自動的に電源が入って、お部屋を明るく照らし、同時に、このライトの居場所をお知らせ。地震の揺れを感知した後も10分の間はライトが光り続けますので、次のアクションを取っていただくことができます。

また停電が発生した時にも、自動的にライトが点灯。急にお部屋が真っ暗になってしまってもご家族があわてないよう、ライトがお部屋を明るく照らしてくれて、停電が終われば自動的に消灯。停電中は内蔵の充電池によって最長で約6時間もの間、ライトを点灯させることができます。






毎日つかえる消灯時の足下ライトとして 懐中電灯としても利用できます





夜、お眠り前のお部屋の電気を切ってから寝床に入る間の灯りとして。お部屋が暗くなったことをセンサーが感知して、自動的にライトが点灯。約30秒の間、あかるく足下を照らして、自動的に消灯してくれます。

また、何かあった時のフラッシュライト、懐中電灯としてもご利用可能。コンセントから引き抜くと、それを感知して自動的に点灯します。もちろん常にコンセントに刺しておいて常にスタンバイさせておくことができますから、電池切れを心配したり、置き場所が分からなくなったり、という煩わしさからも解放されます。

ぜひご自宅の寝室にひとつづつお備えください。もちろん大切な方への贈り物にも最適です。









Product Guide


やさしい灯り、揺れを自動的に感知
最新の技術で、万が一にしっかり備えます












電球のような球切れを起こす心配もなく、長寿命で消費電力が少ない。このような利点から光源にLEDを使った製品が増えてきました。しかし通常のLED製品は、真っ白でまぶしい冷たい光ですから、通常のお部屋でご利用いただくには不向き、と思われるかもしれません。

この防災ライトでは、最新のLED技術の高輝度LEDユニットを搭載。たんに明るいだけではなく、この写真のように、電球色に近いたいへん暖かみのある色で、しっかり光を放ってくれます。もちろんお眠り前の足下ライトとしても最適な、安心感のある、とても優しい光です。

この防災ライトは緊急時や地震が発生した場合の使用を想定して作られたもの。出来るだけ安心感のある、やわらかさのある光の色で照らすよう、作られました。








これがLEDの光源ユニット。電球式ではありませんから、災害時に電球が切れていて使えない、というトラブルもありません。また少ない電力でも作動させることができますから、内蔵バッテリーが満充電なら、最長、6時間もの連続点灯が可能です。








そしてこちらが防災ライト本体に組み込まれている、地震を感知するセンサーユニット。このライト本体を手に持って揺すっていただくと「カタカタ」という音がしますが、この音はこのセンサー内部に組み込まれた特殊な振り子が発している音。

わずか直径8ミリのたいへん小さなセンサーですが、震度4から5の地震が発生した時、この揺れを自動感知して、ライトのスイッチが入って自動点灯を開始。この防災ライトが柔らかく光って、ライトの所在を教えてくれます。







すでに廊下の壁コンセントに取り付けて使用する、同じような形式の足下ライトは存在します。しかしそれらは通常、コンセントに差し込んだまま使用するものであるため、緊急時に取り外しづらく、また周囲が暗くなるとずっと点灯し続けるため、寝室に設置する防災ライトとしての使用には向いていません。

この製品では万が一の時に、さっと手を伸ばして弱い力の方でもコンセントから取り外しやすい形にし、懐中電灯として使用するときにも、しっかり持ちやすい形としました。さらに暗闇で点灯しつづけるライトではなく、消灯後のみ点灯をする消灯ライトとすることで、寝室でもご利用いただきやすい機能とデザインにしました。










Product Guide


操作ボタンはたったひとつ
お子様からお年寄りまで、誰にでもお使いいただけます













この防災ライトをご利用いただくのに複雑な操作は必要ありません。ボタンはたったひとつ。たいへん直感的で、小さなお子様からお年寄りまで、そしてもし緊急の事態が発生した時にも、迷わずすぐお使いいただくことができるよう設計されています。

まず懐中電灯としてご利用いただく時には、このボタンを押すことでライトがオン・オフ。コンセントから抜いた時にはボタンを押す必要もなく、すぐにライトが点灯するよう設計されています。また周囲が暗くなった時に自動点灯する足下ライト機能が不必要な時には、背面にあるスイッチで自由に切り替えてモード変更をすることが可能です。









通常の懐中電灯だと、いつの間にか電池が消耗していた、実際に使えなかった、という心配があります。しかしこの防災ライトでは常に壁のコンセントに刺してスタンバイさせ、充電状態にありますから、その心配はありません。もちろん振動や停電を感知し、自動的に点灯する機能は従来の懐中電灯には無かったもの。

壁のコンセントに常駐させておくことを考えたデザインです。上段のコンセントを常に使っていますので、底面部、コンセントの差し込み部分はできるだけムダを省いて、下段のコンセントに干渉しづらいよう、作られています。

また底面部は平らにして、テーブルに置いて小型のランタンのようにしてご利用いただけます。暖かみのある光ですから、もしもの時にも落ち着いていただけるように配慮されています。

もちろん通常はいつも壁にあって「なにもしない」ものです。いつも壁面にあっても決してでしゃばることが無く、お部屋のインテリアを乱すことがないよう、オフホワイトで光沢のない、お部屋の壁紙にも添う仕上げにしてあります。










Product Guide


重量はわずか118グラム、コンパクトで、手の中に収まるサイズです












通常は壁のコンセントに差し込んだままで待機していますが、緊急時にはコンセントから抜き取って、懐中電灯としても利用可能。その時の使いやすさを考慮して、手のひらに収まりやすくてフィットする、たいへん持ちやすい形になっています。

2016年の新バージョンでは、本体がさらに小型化。すぐれた性能はそのままに、重量はわずか118グラムとより軽くポケットにも入る小型化を実現しました。また背面のコンセントプラグも内部に折りたたみができるようになり、携帯ライトとしての使いやすさがよりアップしました。












Variations









Pioma 防災ライト

本体価格 ¥3,800 (税込価格 ¥4,104)


お部屋にひとつづつ お得なセット

3個セット

本体価格 ¥10,285 (税込価格 ¥11,108)

5個セット

本体価格 ¥16,000 (税込価格 ¥17,280)








Recommendations












外出先での「もしも」の時にも対応する、キーホルダーにも取り付け可能な、超小型のLEDライト「ABITAX "TagLight"」もお勧め

緊急時にあなたと、あなたの大切な方の身をまもる、米国陸軍が認めた最新鋭のホイッスル「FOX40 "micro whistle"」もお勧め










Interview


メーカー・インタビュー 株式会社生方製作所
CSセンター セーフティ事業 セーフティグループ
グループマネージャー 戸上征治さんにうかがいました











この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


懐中電灯は防災用品として多くの方が必要と感じているにも関わらず、「どこに置いてあるか分からない」あるいは「電池切れで使えない」といった状態である事が分かりました。これらの問題を解決する為に、コンセントに挿し込み置き場所が分かり常に充電されている常備灯を開発しました。

さらに、いつ起こるか分からない地震や停電が発生した場合には自動点灯するような仕様にしました。また普段からも身近に感じて頂ける様、消灯後の足元灯機能も付けました。これはお部屋の灯りを消した時に30秒間点灯する機能で、特に就寝時の補助ライトとしてお使い頂けます。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


コンセントに設置した場合に2口コンセントのもう1口が使えるようなプラグの位置にしました。また持ち易いような半円形で、取り外しがし易いように窪みを設けました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


一般住宅の壁紙に馴染むよう、白色にシボ加工した素材を使っています。光源のLEDは0.5Wの電球色タイプを使用しており、普段使いでも暖かみのあるインテリア性を出す仕様となっています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


これまでの防災用品とは違った一般住宅を意識した仕様となっています。設置場所や機能で選んでみて下さい。