高度な金属加工技術から誕生。厚さ2.3ミリながら、自由な高さ調節を可能に、iPhoneからiPadに対応するスタンド。

MAJEXTAND-M

初回生産数は限られています。ご希望の方はお早めにご注文お願いいたします。

わずか2.3ミリの薄さ。人気のノートパソコンスタンド「MAJEXTAND」にスマートフォン・タブレット用の小型スタンドが登場しました。0〜90度の細かな角度調節が可能、最大12センチの高さまでデバイスを持ち上げることで、首や肩、腰への負担を減らします。

スマートフォンやタブレットを長時間使用していると、いつの間にか目線が下がって首や肩が痛くなる。頭を支える首の骨がうつむいた形でクセづいてしまう、いわゆるストレートネックに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

スマートフォンを快適に使うためのスタンドやホルダーは数多く存在していますが、その多くが一定の決められた角度しかつけることができず、私たち自身が最適な角度になるように姿勢を変える必要がありました。

また、高さ調節ができるスタンドは据え置き型のものがほとんどで、外出先で使うことが多いスマートフォンやタブレットには不向きなものばかり。

そんな私たち自身がスマートフォンにあわせて姿勢を変えなければいけなかったこれまでのスタンドの問題点を解決する、次世代のスマートフォン・タブレット用スタンドがこの「MAJEXTAND-M」。





0〜90度の可動域で細かく角度調節しながら、最大12センチの高さまでデバイスを持ち上げることで自然と目線が上がり、スマートフォンやタブレットを使いやすい位置に固定。

スマートフォンやタブレットPCを使う時には、どうしても下を向いてしまい、背中が曲がったままの姿勢になってしまう。この「MAJEXTAND-M」をご利用いただき、適正な高さや向きにデバイスを持ち上げる、角度を調節することで、正しい姿勢で快適に使うことで、首や肩、腰への負担を減らします。



また、独自のドッキングシートを使うことで、あらゆるデバイスに対応。iPhone、iPadはもちろん、KindleやNintendo Switchにもお使いいただけます。縦画面、横画面の向きの切り替えも簡単。動画視聴や写真撮影などシーンに合わせて瞬時に画面の向きを切り替えることができます。

最大12センチまでデバイスを持ち上げてくれますから、パソコン画面に並べて目線を変えずにシームレスに作業を進めたり、リモート会議の時にも自然な角度で顔を映すことができます。タブレットと外付けキーボードの組み合わせにも最適です。

他にも、Kindleなど電子書籍の読書、横画面にして動画視聴やゲーム、リラックスタイムのSNSやネットの閲覧。レシピサイトを見ながら料理を作る時に。最適な角度で固定する場所がなかなか見つからない集合写真の撮影時や、遠方に暮らすご家族や友人とのビデオ通話にも活躍するでしょう。





この「MAJEXTAND-M」は、薄さ2.3ミリの本体の中に折りたたまれたパンタグラフ式のアームが収納されていて、長さの異なるアームが伸び縮みすることでデバイスを持ち上げながら最適な角度に傾斜させることができます。角度可動域は0〜90度、30段階で細かく調整することができますから、使いやすい角度で固定することも簡単です。

デバイスとの取り付けは、メタルパーツが組み込まれた独自のドッキングシートをデバイスに貼り、「MAJEXTAND-M」本体側の強力なマグネットがこのシートのメタルパーツにくっつくことで装着されます。本体側のマグネットの周囲にわずかな段差を設けていることで、ずれることなくしっかりと固定されます。

ドッキングシートには、剥がしてもデバイス側に跡が残らず繰り返し利用できる特殊な素材を採用。このシートをデバイスの背面に貼り付けることで、あらゆるデバイスでの利用を可能にしています。

本体にはドッキングシートが1枚付属しています。さらに追加用のドッキングシートをご利用いただければ、複数台のデバイスでの付け替えも可能。カラーは3色からお選びいただけます。







Supported Products


iPhone 12 / 12 Pro / 12 Pro Max、iPhone SE(第2世代)
iPad Pro / iPad / iPad Air / iPad mini
Galaxy S21 / S21+ / S21 Ultra
Kindle / Kindle Oasis
Nintendo Switchなど



スクリーンサイズが4.7〜11インチ、500グラム以下、背面がフラットで縦10.2 × 横6.1センチのドッキングシートを貼ることができるデバイス



Sizes


本体:縦10.5 × 横6.3 × 厚さ0.23 cm

ドッキングシートサイズ:
縦10.2 × 横6.1 × 厚さ0.1 cm

Package


高さ14.5 × 幅6.7 × 厚さ0.5 cm
日本語解説付き

Weight


68.5グラム

Material


ステンレススチール(SUS#301/304/420)

Specifications


角度調節 0~90度(30段階)
最大高さ 12センチ
1年間の製品保証付き

Country of Manufacture


台湾製

Accessories


ドッキングシート 1枚
*追加用のドッキングシートをご利用いただくことで複数のデバイスでご利用いただけます。

Designer


ジェリー・クオ





Movies















Supported Products


スマートフォンはもちろん、ゲーム機、読書端末、さらにはタブレットPCの対応をこの「MAJEXTAND-M」ひとつで対応します。










私たちの身近にあるデジタルデバイス用のスタンドはすでに様々なものが作られています。しかしデバイスの種類ごと、サイズごとにスタンドを用意する。また新しいデバイスを買い替えるごとにそのマシン専用のものを用意する必要がありました。

この「MAJEXTAND-M」の大きな特徴はいろいろな機種、そしてさまざまなサイズのデバイスに対応が可能なこと。さらに背面に取り付けるドッキングシートを取り付けておくことで、1つの「MAJEXTAND-M」で複数のデバイスを取り替えて使用することが可能です。











iPhoneはもちろんGalaxy、iPad、さらにはKindleやニンテンドーSwitchなどのゲーム機にも対応。重量が500グラム以下で、背面がフラットで、縦10.2 × 横6.1センチのドッキングシートを貼ることができるデバイスなら対応可能です。












デスクトップでスマートフォンをお使いの場合も、高さを持ち上げることによって、Zoomなどの会議でもカメラ位置が適正な高さになってくれる大きなメリットがあります。またすでにノートパソコン用スタンドとして定評のある同じメーカーの「MAJEXTAND」と一緒にお使いいただければデバイスの高さが揃いますから、最小限の視線移動でご利用いただくことが可能です。









Product Guide


折りたたんだ時の薄さは、わずか2.3ミリ。デバイス本体に取り付けたままでも持ち歩きが可能です。










スタンドとして使う時には最大90度、12センチの高さまで持ち上げながら、折りたたんだ時の薄さは、わずか2.3ミリ。この収納時の薄さと傾斜可動域を実現させるために取り入れたのがパンタグラフ機構でした。

アームが交差してひし形に伸び縮みする、電車の集電や薄型キーボードなど普段の生活でもよく見かける仕組みで、自動車を持ち上げる際に使うジャッキでもわかるように、小さな力を何倍にも大きく変える特性を持っています。

さらに、デバイスを支えるアームには、工業用グレードの硬度に優れたステンレス素材を採用。耐久性を維持しながら極限まで細さを追求したことで、折りたたんだ時には2.3ミリという薄さを実現しました。

コイン2枚分にも満たない極薄スタンド。スマートフォンに装着したままでも邪魔になりませんから、洋服のポケットやポーチに入れて、いつでもどこへでも持ち運ぶことができます。















Product Guide


パーツごとに最も適した特徴の異なる3つのステンレス素材を採用。その強度と耐久性の高さも自慢です。











「MAJEXTAND M」は、日常の過酷な環境においても耐えられるように硬度に優れた工業用グレードのステンレススチールを採用しました。さらに、パーツごとに最も適した特徴の異なる3つのステンレス素材(SUS#301/304/420)を使い分けて精巧につくられています。








これにより、華奢なアームからは想像できないほどたいへん頑丈。パンタグラフのアーム、ヒンジ部分、ストッパー、フレームのひとつひとつが緻密に設計、製造されていますから、スタンドを立てた時にまったくガタつくことなく、ヒンジ部分も遊びがないのに動きがスムーズ。30,000回以上の折りたたみを経た後でも耐久性に変化はありません。

パーツの接合にはネジを一切使用せず、ステンレスの金属加工を手がけてきた部品メーカーだからできた高度な技術によって製造されています。ネジが緩んで安定性が悪くなったり、アームが外れてしまう心配もありません。








デバイス側に貼り付けたドッキングシートと本体の強力なマグネットがデバイスをしっかり固定。「MAJEXTAND M」のオモテ側がスタンドの台座となって面で支えますから安定性にも優れています。

また、30段階で角度を固定することができるストッパーフレームは、傾斜と高さが上がるほど手前に伸びていきますから、台座面積が広がってさらに安定性が増して倒れにくくなる構造です。







デバイスに装着した「MAJEXTAND M」のロゴ側上半分を持って引っ張ることでスタンドが立ち上がってきます。

本体上部に指を添えるガイドのくぼみがありますので、人差し指をくぼみに引っ掛けるように、親指と中指で側面を支えるようにして持つのがコツです。

傾斜がある程度ついたら、側面のロック解除ボタンを押しながら引くと最大90度まで角度をつけることができます。ボタンを離すとロックがかかりますので、好みの角度、高さの位置に調整してお使いいただけます。








動画を楽しみたい時など横方向での利用にも「MAJEXTAND M」はカンタンに対応します。スタンドを立てたままデバイスを一度外して横方向に装着し直すだけ。元の向きに戻す時にも同様に、一度取り外してから向きを変えて装着し直します。装着したままデバイスを回転させるようにするとマグネットの固定が外れて落下の恐れがありますので、必ず一度取り外してから装着し直してください。








スタンドを収納する際は、側面のロック解除ボタンを押しながら折りたたんでください。このロック解除ボタンは収納時は本体に隠れていて、アームをあげてロックがかかると1ミリほど側面から飛び出します。この細かなつくりによって、折りたたむ時には指で押しやすく、収納時にはすっきりとした見た目になるよう設計されているのです。

Mag Safeなどのワイヤレス充電を行う時には「MAJEXTAND-M」を外してから充電してください。ドッキングシートはデバイスに貼り付けたままでも充電が可能です。








Product Guide


デバイス側に取り付ける「ドッキングシート」にもその使いやすさの秘密があります。










あらゆるデバイスへの装着を可能にするため、薄さ1ミリの特殊なドッキングシートを独自開発しました。このシートにはメタルパーツが4つ組み込まれていて、デバイスにシートを貼り付けることで「MAJEXTAND-M」本体にある強力なマグネットパーツとシートのメタルパーツがしっかりと装着、固定される仕組みです。

このドッキングシートは、画面保護フィルムのようにしっかりとデバイス背面に密着しますが、剥がす時には大切なデバイスに粘着跡が残ってしまう心配がなく、繰り返し使用が可能ですから安心してお使いいただけます。








マグネットで簡単に取り外すことができますから、必要に応じで装着することも、デバイスの向きを縦方向から横方向に切り替えることもできます。また、他のデバイスにもドッキングシート貼り付けておけば、「MAJEXTAND M」ひとつでお手持ちのすべてのデバイスに簡単に付け替えて使うことができます。

普段はスマートフォンに装着しておいて、動画視聴の時にはタブレットに、Kindleで読書を楽しんだり、Nintendo Switchのコントローラーを外してゲームを楽しむ時にも便利です。「MAJEXTAND-M」にはドッキングシートが1枚付属していますが、追加用のドッキングシートもご用意していますので、必要に応じてご利用ください。









パッケージを開けると「MAJEXTAND-M」本体と一緒にドッキングシートが一枚付属しています。

まず「MAJEXTAND M」の取り付け位置になるデバイスの背面がきれいな状態であることを確認してください。ホコリや汚れが付着しているとドッキングシートの粘着力が損なわれますので、あらかじめ拭き取ってきれいにしておきましょう。

ドッキングシートを貼り付ける位置を決めます。デバイスの中央にドッキングシートの4つのメタルパーツを十字にむすんだ交点がくるように、定規などを使って均等に位置を決めて貼り付けます。iPhoneやiPadの場合は、Appleのロゴマークが4つのメタルパーツの内側に収まるように貼り付けることで中央の位置を見つけることができます。

貼り付けましたら、ドッキングシートとデバイスの間に気泡がないか確認してください。気泡がある場合は、指で押し出してしっかりと密着させましょう。

最後に「MAJEXTAND M」を装着して、スタンド本体がカメラレンズなどに干渉していないか、しっかりとマグネットが付いて固定されているか確認します。もし「MAJEXTAND M」がうまく装着できず浮いてしまう場合は、ドッキングシートを一度剥がして、干渉しない位置に貼り直してください。

ドッキングシートは、ガラス、金属、プラスチックなど硬い素材で平らな面への貼り付けに適しています。スマートフォンケースの素材によっては次第に粘着力が弱くなってご使用時に剥がれてしまうなど思わぬ事故につながることもありますので、滑らかで平らな面に貼り付けるようにしてください。








さらに追加用ドッキングシートもご用意していますから、複数台のデバイスで「MAJEXTAND-M」の付け替えを可能にします。2枚入りですので2台のデバイスに貼り付けることも、予備として備えておくこともできます。

このドッキングシートは跡残りのない付け替え可能な粘着シートです。また、粘着面を水洗いしていただくことで、繰り返し利用することができます。長くお使いいただく上で水洗いしても粘着力が弱くなってきましたら、新しいドッキンシートと交換してお使いください。

お使いいただけるデバイスは、4.7〜10.9インチのスクリーンサイズで500g以下、背面に縦10.1cm x 横6cmのドッキングシートを貼れるスペースが必要です。もしiPhone 12 miniや、その他の小型デバイスでご利用の場合は、ドッキングシートを貼り付けスペースのサイズに合わせてカットしてご利用ください。









Variations





MAJEXTAND-M シルバー

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,950)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

初回生産数は限られています。ご希望の方はお早めにご注文お願いいたします。






MAJEXTAND-M スペースグレー

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,950)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

初回生産数は限られています。ご希望の方はお早めにご注文お願いいたします。






MAJEXTAND-M ブラック

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,950)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

初回生産数は限られています。ご希望の方はお早めにご注文お願いいたします。










Accessories



MAJEXTAND-M ドッキングシート2枚

本体価格 ¥1,700 (税込価格 ¥1,870)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

複数台のデバイスで「MAJEXTAND M」の付け替えを可能にする追加用ドッキングシートです。2枚入りですので2台のデバイスに貼り付けることも、予備として備えておくこともできます。

このドッキングシートは跡残りのない付け替え可能な粘着シートです。また、粘着面を水洗いしていただくことで、繰り返し利用することができます。長くお使いいただく上で水洗いしても粘着力が弱くなってきましたら、新しいドッキンシートと交換してお使いください。

Quantity


2枚セット





Recommendations







ノートパソコン使用中に視点が下がって姿勢が悪くなる、コシが痛くなる。そんな方に軽量、折り畳んでで1.7ミリのスタンド。「MAJEXTAND