ホワイトボードのための、使いやすいイレーザーを新しく作りました。素材を新しくしたことで、消しやすく汚れが目立たず、使わない時もスマートに。

BLACK BAR ERASER

本体価格 ¥1,100 (税込価格 ¥1,188)

ミーティングや発想用のツールとして、ホワイトボードの利用は有効でしょう。白いボードに自由に文字や絵を書いていける、それをみんなで共有できる。ところが気になっていたのはあまり進化のしない書いた文字を消すための「イレーザー」の存在でした。

ホワイトボードのための、使いやすいイレーザーを新しく作りました。それがこの「BLACK BAR ERASER」。素材とカタチを見直したことで、使いやすく、そして使わないときは姿を消してくれる新しいイレーザーになりました。

従来のホワイトボードのイレーザーは消し取る面がフェルト素材でできていました。そのため、使い続けると汚れを溜め込んだ毛玉が発生してして、みっともないかたちに変化してしまう。また、ホワイトボードに貼り付けておくものですから、汚れたままのイレーザーがいつも目に止まってしまいます。

これを解消するため、この「BLACK BAR ERASER」に選んだ素材は、弾力性のある発砲樹脂「EVA」。軽量ながら弾力性のあるしっかりとしたEVA素材を使うことで、片手で軽く持って使える。ホワイトボードに書いた小さな文字を修正することも可能にしました。

もちろんホワイトボードの片隅にマグネットでくっ付いてくれて、使わないときにはちゃんと姿を消していてくれる。そんなスマートな新しいホワイトボード。1つのパッケージに3本入っています。

Quantity


1パッケージ:3個セット

Sizes


1本:幅10 × 高さ2 × 奥行き1.6cm

Weight


1本:10グラム

Material


EVA、磁石

Country of Manufacture


日本製

Designer


Y

Brand Name


SOGU























Product Guide


ホワイトボードに取り付けて、出しゃばらない。小さな文字もしっかり消すこともできる賢いホワイトボード用のイレイザーです。












この「BLACK BAR ERASER」はとてもスマート。1本のサイズはながさ10センチ、横幅2センチ。軽く手に持って使用することができるホワイトボード用のイレーザーです。あなたのアイデアメモを少しだけ修正したいとき。メンバーのスケジュールをホワイトボードで管理している時も「ちょこっとだけ」修正することができる。軽い力でちょこちょこ使えるイレーザーです。















素材には発泡樹脂である「EVA」を使用。これまでのフェルト素材のイレーザーで気になった「汚く汚れた毛玉」が出る心配もありません。ホワイトボードに美しく貼り付けておけるよう、裏面にはマグネットを取り付けて、事務所やお部屋の雰囲気を乱してしまうこともありません。









Package









パッケージサイズ:16.5×5.2×1.3cm 日本語と英語の解説つき









Interview


デザイナー・インタビュー 三宅喜之さんにうかがいました












三宅喜之(写真:左)

パナソニック株式会社にてプロダクトデザインおよびデザイン戦略企画を18年間担当した後、2014年にものづくり中小企業の支援を目指してデザイン会社Yを設立。現在は文具、家具、日用品、玩具、鞄、靴などに活動領域を広げつつ、自社商品の企画製造販売事業を手がけている。関与した代表的な商品は「パナソニック リアルプロ」「モルファワークス 薄金」「ペーパーワールド パキ」「カワキタ ダッコリーノ」「チューブロック」「サニーサイドシューズ 佳歩と靴」「心石工芸 バッグシリーズ」「トーマ V-TISS」、自社商品としては「レザーレースハンガー」「SOGUシリーズ」など。

デザインハウス「Y」は、三宅喜之、大槻佳代と、デザイン事務所で多種多様なジャンルの経験をもつ物袋卓也。(写真:左から 三宅喜之・大槻佳代・物袋卓也)







この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


デザイン業をやっていることもあって様々なオフィスでホワイトボードをよく使うのですが、ホワイトボードの備品がきちんと整えられているところって少ないんです。インクがでないマーカーはあることもありますが、どこでも同じ状況であるなと感じていたのが、毛玉だらけで黒く汚れたイレーザーを使い続けていること。

これがあることでホワイトボードがある景色全体が汚れて見えてしまうとも感じていました。もともとスッキリしたデザインのものを見つけることが難しいアイテムでもあったので、SOGUシリーズで良いものを作れないかと考えたことがきっかけです。




最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


「モノが成り立つ要素を整理し、新たな視点で再解釈する」がSOGUシリーズのデザイン思想なのですが、この商品では必要な機能を満たす素材のみで構成すること、製造方法も可能な限りシンプルにすることを心がけていました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


一般的なホワイトボードイレーザーはホワイトまたはグレーのフェルトで作られていますが、フェルトという繊維であるからこそ出来てしまう毛玉を無くせないかと考えていました。そこで目をつけたのがEVAという発泡素材です。

サンダルの底などに使われるほど耐久性があって、真っ黒のものも存在する。これを使うことで、最初から真っ黒で毛玉もできないことが達成できました。貼り付けているマグネットも黒くマットなものを選択することができ、最終的に今のデザインに落ち着いています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


汚れたまま使い続けている道具のある景色は、無意識のうちにでも気分を左右していると思います。ホワイトボード周りの道具はそんなものが多いのではないでしょうか?

このことに共感いただけた方にオススメしたいのが同じくSOGUシリーズの「5°SHELF」です。

一般的なマーカートレイはホワイトボードの幅いっぱいに広がっていて、置けてしまうから不要なマーカーが何本も残され、ボードからの汚れも受けたまま。「5°SHELF」は2本のマーカーを置ける最小限の幅で、5°傾けることでフチの形状まで削ぎ落したミニマルなデザイン。この「BLACK BAR ERASER」と合わせて使っていただけると嬉しく思います。







Recommendations









「発想ツール」としてのコピー用紙のために、専用の場所を用意しました。机上ででしゃばらず、必要な時にきちんと1枚が取り出せるように。「Paper Server





使わないときには静かなたたずまい。玄関のドアに、冷蔵庫に、ホワイトボードに。ピタりと取り付けて、自由に使えるマグネットフック。「LINE HOOK





使わないときには静かなたたずまい。玄関のドアに、ホワイトボードに。ピタりと取り付けて、自由に使えるマグネットの小さな棚「5° SHELF






紙やポスターの内容を隠してしまわない。A4なら2〜3枚をしっかり固定できて、主人公である掲示物をじゃますることなく姿を消してくれる、新しいマグネット。「φ4.5 MAGNET