52枚の美しいカードを並べ替え、自分で話を作る絵本。デザイン・イラスト・絵本の世界に大きな影響を与えた名作を特別復刻。

ムナーリ「Eight Sequences to Put in Order」復刻版

本体価格 ¥7,600 (税込価格 ¥8,360)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

1907年から98年を生きたイタリア人の作家、ブルーノ・ムナーリ。彼を何の肩書きで呼べばいいのでしょう。グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、彫刻家、絵本作家、玩具製作者、著述家、写真家、そしていつも子どもとばかり遊んでいる人、ピカソが「現代のダ・ヴィンチだ」と呼んだイタリア人。

彼の作り出した数々の作品の中でわれわれ日本人にも最も馴染みが深い、そして後世のデザイン界にも巨大な影響を与えた、まるで絵本のようなゲーム、ゲームのような絵本を復刻しました。

1940年にムナーリの息子、アルベルトが誕生した時、ムナーリ自身が満足できる子ども絵本が無かったことからお手製で作ったものが有名な「ブルーノ・ムナーリ1945 復刻版」。

この自家製絵本をきっかけにして、ムナーリはデザインやモノづくりと「教育」の関係について考え始め、のちの彼の造形教育のための作品作りの大きなきっかけになって創作を続けていきます。そこで1976年にムナーリとジョバンニ・ベルグラーノによってにデザインされたのが、この「Eight Sequences to Put in Order」(8つの物語をつくろう)。

若い頃、イタリアの前衛美術運動家、「未来派」と呼ばれてデビューしたムナーリは息子に作ったほんの経験をこう書き記しています。「未来とは本当はもうこの社会に到来していたのだ。子供たちの中に」

この絵本は、ちょっと型破り。一般的な本とは異なり、パッケージの中に入っているのは、合計52枚の正方形のカード。その中にはミニマルで美しいイラストが描かれています。

物語は8つ。それぞれの物語は3枚から10枚のカードで構成されていますから、自分自身のインスピレーションが浮かぶままにそのお話を作ってみてください。

太陽が登って沈む、季節が変わる、リンゴが熟する、鼻が咲く、犬が動き回る。自然の動き、因果関係に合わせてカードの構成を決める。自由に思うままにカードを並べ替えてそこからストーリーを作る。この絵本は、絵本を読む人、楽しむ人自身がストーリーを「作り出す絵本」なのです。

ムナーリが生前に親交が深かったイタリアの出版社Corraini(コッライーニ)によるこの復刻版の制作は、日本販売においては同社の監修のもと、本文テキストは英語版とし、付録としてテキストの翻訳とこのシリーズの歴史的な意味の解説を作成し、日本語で封入しました。

実際に子どもたちと一緒に色彩豊かなイラストを楽しむ、物語を作る。さらには、お部屋に飾ったり額装したり、デザインや絵本の興味のある方へのコレクション、贈り物にも最適です。ぜひこの機会に手元にお揃えください。

Supported Products


3歳くらいから大人まで
1名からたくさんの人で

Quantity


カード枚数:52枚

Sizes


パッケージサイズ:15x15x3.5cm

Weight


540グラム

Specifications


遊び方ヒント、日本語翻訳ほか各国語(別紙)

Material


紙製

Author


ブルーノ・ムナーリ(Bruno Munari イタリア)

Brand Name



corraini(イタリア)

©Bruno Munari.All rights reserved to Maurizio Corraini s.r.l.-Coutesy Corraini Edizioni

















Product Guide








この「Eight Sequences to Put in Order」は、ブルーノ・ムナーリとジョバンニ・ベルグラーノによって1976年にデザインされました。

紙箱の中に入っているの52枚のカードを辻褄が合うように論理的に並べて、全部で8つの物語を作り出す。それがムナーリが考えた新しい絵本の形です。

物語は1話につき3枚から10枚のカードを並べて作りますが、難易度が上がればカードの枚数が増えます。

並べたカードが正しい順番であったかを確認するには、カードの裏面をみます。難易度が低いお話は、わずか3枚のカードで構成されていますが、別の物語は5枚から7枚のカードを使います。これらにはヒントとして裏側には番号が振られていますから、それを頼りに答え合わせをしても良いでしょう。

そしてもっとも難易度の高い8枚から10枚を使う物語にはまた番号が振られていません。自分が思い浮かべる構成を作り出してカードを並べてみてください。つまりこれらの物語には「正しい答え」が存在しなのです。






パッケージの中には、籠から出てくる小鳥、建設中の家、葉を伸ばし花を咲かせる植物、などなど、物語は8種類あります。

例えば「熟していくリンゴ」のシーケンスでは太陽の位置によってリンゴの色が変化し「時間の経過」がわかる手がかりがあるように、それぞれの物語のカードには様々なヒントが含まれていますので、そのイメージから読み取る楽しい物語の「ゲーム」として楽しんでみてください。

それぞれのカードからイメージを膨らませ、物語とその意味を部品を組み立てるように因果関係を正しく並べ再構築する。そうやって子どもたちの論理的なつながりを理解する力を育みます。

そのほかにも52枚のカードから適切なカードを選び出し、お話を作り出すなど、ゲームを楽しむようにして新しい物語を作って楽しむのも良いでしょう。ひとりでも、グループでも、子どもも大人も、様々なカードの使い方や遊び方を発明してください。

続いて2つの物語をお見せしておきます。







Product Guide


太陽と木の物語。

























Product Guide


小屋と犬の物語






























Product Guide


パッケージの中には上質紙で作られた52枚のカード。日本語を含む解説も入っています。


































Recommendations








デザイン・イラスト・絵本の世界に大きな影響を与えた名作「ブルーノ・ムナーリ1945」を原典に忠実に日本語訳付き特別復刻「ブルーノ・ムナーリ1945 復刻版







子どもたちに文字の美しさ、日本の平仮名の美しさを伝える。文字、色彩、デザインを教える、学ぶためのロングセラー絵本。「あいうえお絵本







アパートには25人の子どもたちが住んでいます。ルールはシンプルなのに子どもから大人まで一緒に盛り上がれるカードゲーム。「TRIO APARTMENT