日本を代表する染色工芸家の柚木沙弥郎。新しい和紙から生まれたSIWAとの特別なコラボレーション。ペンケースと文庫カバー

柚木沙弥郎コレクション文具

日本を代表する染色工芸家で、2024年1月に101歳で亡くなった、柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)とSIWAのコラボレーションです。

手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い、美しさ。古く奈良時代から私たち日本人の生活とともにあった「和紙」という素材の素晴らしさは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

軽くて風合いの良い和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた和紙、「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すシリーズが、「SIWA・紙和」。

1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。

この素材に使われているナオロンは、紙というより、まるで布や革のように見える、味わいのある素材。繰り返しお使いいただくことができて、使う度ごとに、ますます風合いが増してきます。

あなたが毎日の生活でお使いいただくうち、これらのシワは少しずつ増え、もっと柔らかな風合いに変化してきます。この変化を味わっていただくことも、この「SIWA」の製品をお使いいただく楽しみ。ぜひあなただけの「SIWA・紙和」を仕立てていってください。

Material


ハードナオロン(和紙)

Country of Manufacture


日本製

Manufacturer


大直(おおなお 山梨県)

Brand Name


SIWA・紙和

Designer


プロダクトデザイン
深澤直人

テキスタイルデザイン
柚木沙弥郎








「SIWAペンケース Mサイズ」は筆記具を4、5本、さらにスケールや消しゴムなどを入れてスマートに持ち運ぶのにぴったりな、普段遣いのための和紙のペンケースです。

お使いいただくほどに和紙の風合いが増し、柔らかくしなやかになって、あなたの大切なペンや万年筆を包み込んで、キズや擦れから守ります。またYKK製のジッパーは引き手を大きくしましたので、開閉がしやすくなっています。





「SIWAペンケース Lサイズ」は、横幅20センチ、高さ13.5センチと容量たっぷり、筆記具が10本ほど収納できるラージサイズ。そして横幅は同じで高さが6.8センチのミディアムサイズの2種類を用意しています。

筆記具や文房具の収納ケースとしてはもちろん、スマートフォンやデジタルデバイス用のケーブルやACアダプターの収納。通帳や紙幣の収納と持ち歩きに。サングラスケースとして、シンプルなコスメポーチなど、さまざまな使い方ができます。

この「SIWAペンケース」が自慢したいのは、なにより手にした時の手触りの良さ。側面はすべてひとつひとつ、ミシンで丁寧に縫製が施されていて、縫い目が目立たない仕上げになっています。















この「SIWA ブックカバー」は、文庫本サイズの書籍やノートに対応したブックカバーです。ご自宅で、そして外出先や移動時に、あなたのお気に入りの一冊、そして期待の新作文庫本をくるんで、カバーします。

この「SIWA ブックカバー」が自慢したいのは、なにより手にしていただいた時の、その肌触りの良さ。あなたの生活にかかすことができない、たのしい読書の時間を、ちょっと贅沢にしてくれる、心地のよい柔らかさです。

















Product Guide


柚木沙弥郎 コレクションについて







特別コラボレーションとして柚木沙弥郎さんにSIWAの紙、ナオロンに型染めをしていただきました。染色家として長年にわたり活動を続け、近年フランスを中心に海外でも高い評価を得ている柚木沙弥郎さんの5つの柄を纏ったSIWAが登場しました。

思いのままに自由に描き出される模様と色彩は、SIWAに新しい表情をもたらしてくれました。「生活のさまざまなシーンで、思い通りの感覚で自由に使ってほしいです」と柚木さんも語ります。


柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)

1922年東京生まれ。2024年1月31日101歳で永眠。
美術史を学ぶため東京大学に入学するも、戦争で勉学が中断される。 大原美術館に勤務した折に柳宗悦が提唱する「民藝」と出会い、染織家の芹沢けい介に弟子入りし染色の道を志す。以来、型染の第一人者として活躍。2008 年~10 年にはパリで個展を開催。現地で好評を博す。2014 年フランス国立ギメ東洋美術館に70点以上の作品が収蔵。 現在も現役で創作に励む。








Variations


ペンケースM

SAMIRO YUNOKI ペンケース M 01

Sizes


高さ6.8×幅20cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース M 02

Sizes


高さ6.8×幅20cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース M 03

Sizes


高さ6.8×幅20cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース M 04

Sizes


高さ6.8×幅20cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース M 05

Sizes


高さ6.8×幅20cm

Weight


13グラム








Variations


ペンケースL

SAMIRO YUNOKI ペンケース L 01

Sizes


高さ13.5×幅20cm

Weight


17グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース L 02

Sizes


高さ13.5×幅20cm

Weight


17グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース L 03

Sizes


高さ13.5×幅20cm

Weight


17グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース L 04

Sizes


高さ13.5×幅20cm

Weight


17グラム




SAMIRO YUNOKI ペンケース L 05

Sizes


高さ13.5×幅20cm

Weight


17グラム








Variations


文庫カバー

SAMIRO YUNOKI 文庫カバー 01

Supported Products


文庫本(105mm × 148mm・厚さ3センチくらいのものまで)、文庫本サイズの手帳やノート


*ハヤカワ文庫などの大型の文庫本には対応していません

Sizes


開いた時:縦16×幅30.5cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI 文庫カバー 02

Supported Products


文庫本(105mm × 148mm・厚さ3センチくらいのものまで)、文庫本サイズの手帳やノート


*ハヤカワ文庫などの大型の文庫本には対応していません

Sizes


開いた時:縦16×幅30.5cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI 文庫カバー 03

Supported Products


文庫本(105mm × 148mm・厚さ3センチくらいのものまで)、文庫本サイズの手帳やノート


*ハヤカワ文庫などの大型の文庫本には対応していません

Sizes


開いた時:縦16×幅30.5cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI 文庫カバー 04

Supported Products


文庫本(105mm × 148mm・厚さ3センチくらいのものまで)、文庫本サイズの手帳やノート


*ハヤカワ文庫などの大型の文庫本には対応していません

Sizes


開いた時:縦16×幅30.5cm

Weight


13グラム




SAMIRO YUNOKI 文庫カバー 05

Supported Products


文庫本(105mm × 148mm・厚さ3センチくらいのものまで)、文庫本サイズの手帳やノート


*ハヤカワ文庫などの大型の文庫本には対応していません

Sizes


開いた時:縦16×幅30.5cm

Weight


13グラム










Brand Story


「SIWA・紙和」について








甲斐の国、市川大門。気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発しています。

今回はそれらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙「ナオロン」を用いた商品を、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA」の製品です。





Message


「SIWA・紙和」について プロダクトデザイナー 深澤直人さん









伝統的な和紙をつくってきた大直と一緒に、その歴史と技術を生かしたものづくりができるのが嬉しいです。

和紙というとどうしても工芸的な製品をイメージしがちですが、むしろインテリアや雑貨にあった一つの素材としてこれを捉え、その風合い優しさを生かした日常品をデザインしたいと思っています。

和紙というイメージにこだわり過ぎない方がかえってその素材のもつ機能や味わいを現代の生活にあった製品に生かせるのではないでしょうか。








inFocus


大直 一瀬美教さん、一瀬愛さん ロングインタビュー







日本では生活様式が洋風に変わってきて、昔に比べたら、障子紙を使う機会もだいぶ減ってきました。

それでも、日本人なら、触覚や視覚といった感覚の中で、「和紙」の良さを知らず知らずのうちに体感しているのではないかと思っています。光で透けたり、気配を感じたり。そういった障子や行灯といったものといっしょにある和紙のイメージですね。また、和紙に指先が触れた時の、柔らかい風合い。機会こそ減ったものの、そういった感覚は、わたしたちの体験の中にある共通のものなのではないでしょうか。

「SIWA・紙和」という製品は、ある意味、あっけないほど地味でシンプルなものばかりで、そのことによってむしろストレートに「和紙」という素材の本質が引き出された。そして、みなさんが共通して持っておられる「和紙の心地よさ」の感覚と、直に通じ合うことができた。そういうことなのかもしれません。

ナオロンという新素材から生まれた「SIWA・紙和」というブランドを育ててゆくことで、私たちはもっともっと和紙という素材の魅力を探り、可能性を見つけてゆきたいと思っています。それが結果として、次の時代に向けて和紙の伝統を引き継いでゆく、ということになるでしょうから。


このインタビューの続きを読む