保冷性能と清潔に保てること、そして使いやすいこと。良いものがあるようで無かった、バターが大好きな方のためのバターケースを作りました。

Butter Case

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,850)

キャッシュレス5%還元対応 AmazonアカウントもOK!

焼きたてのトーストに塗っていただくバターの味わいは格段のものでしょう。朝の食卓を彩ってくれる美味しいバター、そしてお料理にも。そんなバターが大好き方のための使いやすいバーターケースを作りました。

カバー部分は冷蔵庫で保管する時も保冷性が高く、いつも清潔に整えておくことが出来る、そしてにおい移りが少ないステンレス製。新潟県でナベや厨房機器などを作ってきた専門メーカーが作りました。

底面部分のプレートはスパイクがあって、載せたいバターの塊をしっかりホールド。バターナイフですくうときにもバターが動いたり外れてしまうことはありません。またお料理の時に切り分けがしやすいように、ラインを入れました。

また、ステンレス製のカバーを固定するとしっかりと台座にロックされますから、本体を片手で持ってテーブルを移動、冷蔵庫に持っていくことも可能。ロックの解除も素早く行うことができて、すぐにバターを取り出すことができます。

Sizes


幅約8.9×長さ16.1×高さ4.6cm

Weight


150グラム

Capacity


650ml

Material


フタ:18-8ステンレス
トレー:ポリプロピレン

Country of Manufacture


日本(新潟県燕市)

Designer


八幡純二




















ステンレス製のカバーを開けるときは、片手で台座のロックハンドルを少し外側に開きます。そのままカバーを持ち上げると開きます。フタを固定するにはハンドルと反対側の凹側にステンレスカバーを引っ掛けてそのまま押し込むと「パン」という音がしてロックされます。













台座にバターを置くときは台座のスパイクにしっぱりと押し込むようにして固定します。これによってバターナイフを使う時にもバターをズレづらくするための仕組みです。またお料理などの切り分けのための目印として、台座にはラインを作って目印になるようにしました。















Recommendations


ぜひ合わせてお使いいただきたい、バターケースと一緒に作ったバター専用のツール「Mulu」











バター付きのトーストが大好きな方のために作りました。バターのかたまりをくるくるとすくい取って手早く伸ばすことが出来る、新潟三条の技術です。「Nulu






肉料理はジューシー、野菜はパリッと、食材の美味しさをしっかり引き出す。そして「作る」と「食べる」を一緒に。ミニマルな鉄フライパン。「フライパン「JIU(ジュウ)」







Interview


デザイナー・インタビュー 八幡純二さんにうかがいました









デザイン事務所勤務を経て独立。生活用品などの身近なモノから、
産業機械等の工業デザインまで幅広く携わる。
2002年〜アッシュコンセプト参加。オリジナル製品の開発や、
他企業のデザインコンサルティングを担当。
東京藝術大学デザイン科卒。

家事や地域活動などの日常生活から湧き出たアイデアを盛り込み、
気取らず愛着を持って末永く使ってもらえるようなモノを
多くデザインしたいと思っています。




この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


ステンレス製のキッチン用品のメーカーとして知られる、新潟県燕市のヨシカワさんのEAトCOブランドは、「食べる〜作る」をテーマにしたシリーズで、当時「朝食」のシーンを想定して掘り下げていました。

その中で、パン食の家庭ではバターナイフやケースは必須アイテムでしょう、ということで開発を行いまました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


まず、バターケースは食卓に置かれることが多いので、佇まいがシンプルで美しいこと。次に、誰でも簡単に開閉できて使いやすいこと。そして清潔に使えてお手入れが簡単なことです。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


フタのステンレスは冷蔵庫に入れた際に冷えやすく、バターを新鮮に保ちます。 

ベース部は耐油性を考えPPを使っています。突起の列でバターをおさえ、バターナイフを使う際の横滑りを防ぎます。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


現代人の朝は慌ただしいことが多く、朝食もおざなりになりがちです。できれば休日の朝くらいはトースト焼き、コーヒーを入れてゆっくりと食事をしたいものです。その際にこのバターケースを朝食のお供に添えていただけたら嬉しいです。