新時代の小型バッグ。自転車用メッセンジャーバッグの使いやすさ、機能性をそのままコンパクトに、現代の私たちの生活のために

Urban Sling

本体価格 ¥17,500 (税込価格 ¥19,250)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

メッセンジャーバッグの使いやすさ、機能性をそのままコンパクトに、現代の私たちの生活に。

休日の街歩きに、持ち物をシンプルにして活動したい、新しいワークスタイルにも。斜めがけにして、背中にまわして自転車に乗って。この「Urban Sling」はNIIDのデザインしたスリング・バッグです。

外見はあくまでもスリムで、スマート。しかし、出かける場所と荷物にあわせて、その収納力が柔軟に変化させることができる。そしてデジタルデバイスの小型化になった現代に合わせて、細かく分類が可能な多彩なポケットを装備しながらも、バッグ全体はより小型化することに成功しました。

内部には12.9インチiPad Proまでに対応したデジタルデバイス収納を備え、底面部分を開くことでスリムな状態から6リットルの容量に拡張可能。さらに2つのフロントポケットと、安全性が確保できる背面ポケットも装備。

さらにウォーターボトルを持ち歩くことが一般的となった現代、これらの収納と分けて水筒やボトルが瞬時に取り出せて、水滴で荷物を濡らしてしまわない収納機能を装備。折り畳み傘の収納にも最適です。

一般的な小型バッグには無かった底面ベルトには小型の三脚やバイク用のロックが固定可能。旅行の撮影や自転車移動にも嬉しい機能性を完備しました。

ショルダーベルトのバックルには高度なロックシステムを備えた着脱機構を装備。防犯性も備えながら、手元でロック解除をすれば、取り外しも簡単。使い分けができる開口部の固定方法、カギの自動巻き取りワイヤーも装備しています。

本体の素材にはポリエステル生地を基本に短いフィラメントで織られた生地を採用。まるでコットンのようは風合いを持たせた織り方をした素材を採用して、年齢や性別を超えてお使いいただける、たいへん軽快なバッグに仕上げましたPUコーティングを施した特別版もご用意しています。

重量は800グラム。高い耐久性を備えながらも高い機能性を備え、何処へでも持ってお出かけいただけるバッグに仕上がっています。

Capacity


12.9インチiPad Pro


*ペルペット加工済みのクッション入り専用収納

Sizes


32×22×15cm
ベルトの長さ:約90から148cm(調節可)

Weight


800グラム

Capacity


6リットル

Material


ポリエステル
*防水加工
YKK製ジッパー

Specifications


自動巻き取り式コードリール付属
三脚・自転車ロック固定ベルト
オリジナルベルトロック機構

Designer


ジェイソン・リー、ハリス・ヘイニー

Brand Name


NIID(アメリカ)



Notes


本製品は日本正規代理店扱いの製品で、1年間のメーカー保証が適応されます

























Product Guide


休日の街歩きに、持ち物をシンプルにして新しいワークスタイルにも。斜めがけにして、ショルダーバッグにして、背中にまわして自転車に乗って。メッセンジャーバッグを小型にすることから生まれたバッグです。










休日の街歩きに、持ち物をシンプルにして活動したい、新しいワークスタイルにも。斜めがけにして、背中にまわして自転車に乗って。「Urban Sling」はNIIDのデザインしたスリング・バッグです。

外見はあくまでもスリムで、スマートなバッグ。しかし、出かける場所と荷物にあわせて、その収納力が柔軟に変化させることができる。そして何より、デジタルデバイスの小型化になった現代に合わせて、それらを細かく分類し、取り出しが可能な多彩なポケットを装備しながらも、バッグ全体をあたらに機能的にデザインし、より小型化することに成功しました。






ベルトは着脱も自在、長さを自由に調節することができますから、バッグを横に構えてショルダーバッグに。前にまわして物の出し入れを素早く行い、そしてくるりと背中に回すことで、両手を自由にして動き回ることができる、自転車やバイクで走り回ることができる。これまでのメッセンジャーバッグの使いやすさをそのままに、現代のライフスタイルに合わせて上手に小型化したのが、この「Urban Sling」です。

必要な小物だけを持って。お気に入りのカメラを安全に収納可能であることはもちろん、三脚の携帯にも対応。さらにお水ボトルや折りたたみ傘の収納にも対応。あとは自由に気ままに動き回ることだけを考えて作ったシンプルなバッグ。それがこの「Urban Sling」です。























Material


まず気をつけたのは、素材の良さと風合い。素材選びからしっかり行われ、作られた新しいバッグです。












年齢や性別を超えて、誰にでも使いやすい上品な外観を備えていること。そしてバッグ本体は収納物をしっかり守ってくれることはもちろん、擦れなどに強く、強靭であることがその素材には求められます。

「Urban Sling」はカラーによって、異なる二種類の生地を使用。4種類のうち3つのカラーは、特殊なポリエステル生地。極めて耐久性が高く、そして軽い。しかし一般的にポリエステル素材というと、滑らかで、化学性繊維ぽさを残した生地を想像されるでしょう。しかし今回使用したのは、一般的なものではなく、短いフィラメントで織られた、最新の素材。

ポリエステルを主体にしながらも織り方を変化させることで素材としての強度を高めながらも、生地を間近でご覧いただくとこれまでの化学繊維にはなかった目新しい、まるでコットン素材のような風合いの良さはこの特殊な織り方によるもの。光の当たる方向によって色合いが違って見え、さらに手触りも従来の素材とは違った自然な風合いを実現しています。












そして4色の中でも「ブラック」のみは、PUコーティングを施したポリエステル生地を使用。滑らかな艶消しでファンの多い、少し重厚感のある外見が特徴のバリエーションです。

もちろんどちらの素材も撥水加工済み、そして耐久性と強靭さを備えていますから、お好みの色合いと生地の風合いからお選びいただけば良いでしょう。どちらのカラーも重量は800グラム。高い耐久性を備えながらも軽く、何処へでも持ってお出かけいただけるバッグに仕上がっています。


















バッグ本体の裏側、身体との接触する面には、内部にクッション材を組み込みました。タブレットPCやカメラ、レンズをバッグに収納した際に、それらの硬いパーツと触れ合うことで特に薄着の時には痛くなってしまうこと、そしてそれらの精密機器にショックが加わってしまうことを防ぐための仕様です。








ジッパーは高い信頼性で知られているYKK製。外部からの水滴の浸潤によって収納したデジタルデバイスなどの影響を考えて、YKK止水ファスナーを使用しました。さらにボタンや金属製のフック、ショルダーベルトのワンタッチリリース機構など、オリジナルロゴ入りのパーツなど、最高品質のものを盛り込み完成させたのが、この「Urban Sling」です。





























Product Guide


外見はスリムでスマート。しかし容量6リットル。いつも手元においておきたい小物から、旅の道中を一緒にしたカメラも、ウォーターボトルも











休日の街歩きに、旅行に、身の回りのものやカメラを収納して。飛行機や列車を使った出張の時の手元バッグとして。コンパクトな「Urban Sling」がお役に立ちます。

この「Urban Sling」の使いやすさはちょうど良い大きさと、自由に容量が拡張すること。さらに適材適所できちんとした収納機能を備えていること。








荷物が少ない時にはコンパクトに。しかし内容物が増えた時には底面が11センチまでしっかり広がって、しっかりした収納量を備える。そして小型バッグではあまり類を見ない底面に備えられたボトムベルトを装備。撮影には欠かせない小型の三脚やバイク用ロックを固定して持ち歩くことができます。














メイン収納部には、12.9インチまでのiPad Proの専用収納を備え、さらに3つに分かれた小物ポケットも装備。デジタルデバイス用の小物から、お財布、カード、衣類や、パスポートなどの旅行品にも対応。すぐに取り出したいもの、安全に配慮したいモノを分けて整理整頓が可能。カギ類を落とすことなく素早く引き出せるオリジナルのケーブルリールも付属しています。

さらに専用のボトルホルダーは給水ボトルに付着した水滴で他の荷物を濡らしてしまわない配慮を施し、バッグを身につけたままでもすぐに取り出しを行うことができます。

これまでは自転車用のバッグといえば大きなメッセンジャーバッグ型が一般的でしたが、荷物をできるだけ少なく、しかし収納力や機能性は損いたくない、とお考えの方にもこの「Urban Sling」はお役に立つことができるでしょう。























Product Guide


バッグの使いやすさ、快適性を大きく左右するショルダーベルトもしっかり作って、オリジナルの着脱機構を備えました。





バッグの使いやすさ、快適性を大きく左右するショルダーベルトもしっかり作って、オリジナルの着脱機構を備えました。

ショルダーベルトは幅3,8センチ。強靭で引っ張りにも強く耐久性をそなえ、そして手触りがよくてしなやか。自動車のシートベルト素材を使用しました。荷物を入れた時も肩に食い込みづらく、もちろんお使いになられる方に合わせて、自由にベルトの長さ調節が可能です。





















そしてこの「Urban Sling」の大きな自慢でもある、使いやすいベルトロック機構。身体にきちんとフィットさせて使うためのバッグです。そのため、スマートに着脱することができる。「Urban Sling」は便利な仕組みを備えています。着脱にはベルトを頭から被るだけではなく、胸元の操作だけでベルトが2つに分離し、簡単に固定できる仕組みを備えました。

つまりメインポケットのロックの仕組みと同じように、引ったくりに遭遇した時のように、ショルダーベルトを引っ張られた時は絶対に解除しない。しかしロック部分を固定したい時には、重ね合わせるだけで瞬時にしてロックされる仕組み。








このロックシステムの使い方は簡単です。ロックされた状態では引っ張りに強く、自動的に外れたりすることもありません。またボタンを押し込んで解除するような仕組みも存在しません。ロックしたいときは、時は上下からそのままパーツを組み合わせるだけ。「パチン」と音がして、マグネットの力に吸い寄せられて、正しい箇所でロックされる仕組み。これを再び引っ張って取り外すことはできません。

ロックを解除する時は手元でこのロックパーツをしっかり持って、もう片方の金属パーツを引き上げるだけ。すると不思議なことにロックが解除されて、ベルトを取り外すことができる仕組みです。こちらも少し練習をすればすぐに慣れて自由に操作ができるでしょう。

軽い力でワンタッチでショルダーベルトの着脱を行うことができる。そして、長さ調節も自由自在。とても快適で優れたベルトシステムを「Urban Sling」は備えています。







さらにこの「Urban Sling」を手持ちしたい時、イスの上に置いた時に持ち上げやすいようにするためのハンドルも装備しました。横幅は2.5センチで、アウトドアで使用するときに雨に降られて手が濡れても、取り落とすことのないよう、グリップ感のある風合いに仕上げて、しっかり握って使えるようにしました。
















Capacity


スリムなボディーながら、容量が6リットルまで拡張するメイン収納部。12.9インチiPad Proの収納にも対応します。











スリムなボディーながら、折り畳まれた底面部分を平らにすれば、なんと容量が6リットルまで拡張するメイン収納部。ランチのお弁当や、小型のカメラ、パーカーなどの収納も可能な、現代の私たちにとってちょうどよい容量のバッグです。

もちろんiPadなどのタブレットPCや交換レンズなどの収納にも対応。最大サイズ、12.9インチiPad Proの収納に対応の専用ポケットを内部に備えています。














メイン収納部の内側側面にはタブレットPC用の専用ポケットを装備。移動中に内部で他の収納物と擦れてしまい、液晶や本体を傷つけてしまうことを防ぐペルペット加工の表面処理を施した生地を使っています。







このメイン収納部はユニークな開口部を備えています。それはフリップ式、ロール式、どちらの開口部固定の方法を選ぶことができること。この機能は一般的なメッセンジャーバッグから学んだ構造です。








まず、一般的なメイン収納部の閉じ方は、フリップ方式。開口部の内部には芯が入っていて、「ぱかっ」とまるでお財布を開けるように開くことができます。内部には弱い吸着力のマグネットが入っていて、開け閉めが自由自在。ワンタッチで大きく開いて、収納部の内部を見渡すことができ、手を離すと閉じてくれます。

開口部を閉じた後は、これをフリップ式に前に倒すだけ。さらにバッグ前面側にあるマグネット同士が吸着されて、軽く閉じてくれます。歩行時などモノを簡単に取り出すことができるのがたいへん便利です。







自転車で移動するとき、雨が降ってきてもし内部に水滴がかかってしまったら。そのような心配がある時には、もうひとつの固定方法をお使いください。バッグ上面、通常はバッグの持ち上げ用ハンドルの内側に閉じ込められているベルクロベルトを使う方法です。







まずメイン収納部の開口部をマグネット式で閉じた後、バッグの後ろ側に倒す。続いてこのベルクロテープで固定。これによってしっかりと開口部は閉められる方式です。自転車用に作られたメッセンジャーバッグやバックパックで使われている方式です。














Product Guide


折りたたみ傘やウォーターボトル専用の収納部を備えました。











今や、給水用のウォーターボトルを持ち歩くことは私たちの生活で一般的になりました。そこでこの「Urban Sling」にも専用の収納ポケットを装備。

歩行中や自転車で移動している時にも、バッグ本体を身体に装着したままでも取り出し、収納がしやすいこと。そして周囲の湿度や温度によってボトルにどうしても付着してしまう水滴からバッグに入れて持ち歩く収納物ときちんと分離できること、をポイントの設計しました。







このたいへんユニークなボトルホルダーはメイン収納部とフロントの小物収納ポケットの間に装備されています。ボトルを入れていない時には畳まれて、その存在を気にする必要はありません。

このポケットは両サイドがメッシュポケットになっていて、収納物を出し入れするときはこのポケットを軽く指で引っ張ってやれば広がってボトルが収納可能。ボトルを入れて仕舞えばそのまま移動したりバッグを斜め掛けしても、内容物が飛び出してしまわない構造です。












給水ボトル以外にも、折りたたみ傘の収納にも便利なホルダーです。雨の多い季節なら、降り出した雨にもすぐに取り出して対応することができます。500ccのペットボトルはもちろん、長さ30センチ程度のものまで収納が可能です。















Product Guide


さらに3つのサブポケットを用意しました。デジタルデバイスやカメラなどの小物関係もしっかり整理できて、キズからも守ってくれます。




メイン収納部、ボトル収納部にさらに加えて、この「Urban Sling」にはさらに便利な3つのサブポケットを用意しました。

まず最初の紹介は、バッグの内側にある大型ポケット。身体と直接、触れ合う側なので内部にはしっかりクッション材を入れて、収納物の保護機能にもなっています。旅行中の貴重品収納の専用ポケットとして、安全性を考えてスマートフォンなどの収納ポケットとしてお使いになられると良いでしょう。






この内側大型ポケットの横幅は30センチ、奥行きは15センチ。ポケットは中央までぐるりとジッパーが開くので、収納物をしっかり見渡すことができるよう工夫された構造です。

また内ポケットには2つのメッシュ素材の仕切りがあります。スマートフォンやカードケースなどの貴重品をきちんと収納でき、必要な時にすぐに取り出し可能です。







そしてこちらは正面、メイン収納部の外側にある大型ポケット。横幅30センチ、奥行き17センチの収納部で、カメラの交換レンズやバッテリー、小型照明などの立体形状のモノも収納しやすい収納部です。

開口部はYKK止水ファスナー付き。メイン収納部のフリップの内側に開口部分が隠れる構造になっていて、安全性や万が一の雨濡れにも対応します。






そしてさらに外側にある小型ポケット。メイン収納や、ボディー側収納を開けずに、すぐにアクセスできる収納部です。斜めジッパーにしたことで、バッグを斜め掛けにした時もモノが取りやすい構造になりました。

開口部は大型の金属引き手を備えていますので、すぐに開け閉めができます。開口部は27センチ、奥行きは一番深いところで11センチです。






内部にはクッションを入れて収納品を優しく守るポケットです。イヤフォンなど、出し入れを素早く行いたい小物の収納にも便利でしょう。

さらに付属の巻き取り式のケーブルリールもこのポケットに取り付けられています。カギ類などをこのリールに取り付けておけば、取り落とすことなくドアキーを扱うことができるでしょう。














以上のすべての小物ポケットはYKK製ジッパーを使用。アウトドアでの使用にも嬉しい雨水が侵入しづらいジッパーを採用しており、大型の金属製引き手を使うことで、開け閉めもスムーズに行うことができます。








Product Guide


小型バッグながら、小型三脚やバイクロックを携帯可能にするボトムストラップを備えています。










自転車での移動はもちろん、カメラを収納して撮影の移動にも。この「Urban Sling」は小型バッグながら、底面部分に小型三脚やバイクロックを携帯可能にする、ボトムストラップを備えています。







荷物が少ない時にはメイン収納部を逆V字型に折り畳み、カメラやレンズなどの収納荷物が増えた時には容量を増やすことができる底面のストラップがこれらの固定用ベルトとして機能します。金属製のロックパーツでしっかり固定、長さも自由に調節が可能です。

















Colors



Urban Sling フォーギーブルー

本体価格 ¥17,500 (税込価格 ¥19,250)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!











Urban Sling インディゴ

本体価格 ¥17,500 (税込価格 ¥19,250)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!










Urban Sling メテオライトブラック

本体価格 ¥17,500 (税込価格 ¥19,250)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!










Urban Sling ブラック(PUコーティング特別版)

本体価格 ¥17,500 (税込価格 ¥19,250)

Amazonアカウントでも買えるようになりました!

6月上旬

本体生地にPUコーティングを施したスペシャルバージョンです。



















Interview


デザイナー・インタビュー Jason Liさんにうかがいました











この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


このバッグが完成するまでには、2つのきっかけがありました。一つ目は、大きなバッグより小さなサイズがトレンドを牽引する傾向があると気づいたことです。しかし、従来の小さなバッグは収納が足りないというデメリットがあり、ちょうどいいサイズで生活必需品をすべて収納できるバッグがあったら良いなと考えていました。

二つ目は、当時はまだバッグの実用性が重視されて、ファッションアイテムとして認識されていない時代でした。今後ファッションアイテムとして使う人が必ず増えていくと信じていたため、デザイン性と多機能性を両立したコンパクトサイズのバッグを作りました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


実は、最終的なデザインが出来上がる前に、もっと大胆なデザインでサイズも少し大きな製品のクラウドファンディングをやっていました。しかしそれではいい結果がでませんでした。

その後、顧客からのフィードバックを集めたところ、もっと日常生活で使いやすいデザインが欲しいという声が多かった。ですので今回の商品ではシックな外観ながら、幅広い服装に合わせやすい形状に気をつけて制作しました。





この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


こちらも2つのポイントがあります。1つ目は、私たちの製品は、やはり環境にやさしい素材で作りたかった。2つ目は軽量性です。軽さに重点をおいたバッグですから、皮革素材など、どうしても重くなってしまう素材は一才、採用しないことにしました。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


NIIDへ関心を持ってくださりありがとうございます。NIIDは皆様の支えがあったからこそ、私たちの独創的な設計が注目されました。

これからも現状に満足することなく、皆様の期待にお応えするよう、より一層努力してまいります。今後とも、変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願いいたします。あああ






Brand Story









NIIDブランドは2014年に始まりました。アメリカ、ニューヨークでジェイソン・リーとハリス・ヘイニーは、バックパックにもっと機能が必要だと考えました。そして、何ヶ月も検討を重ねた結果、スタイリッシュで、さまざまなユーザーが必要と考える機能を備えたパックの最初のプロトタイプを作成しました。

2015年にはバックパックの最初のリリースが完成し、そのバッグは「Decode」と呼ばれて、ビジネスの専門家向けに特別に設計された革新的なパックが完成したのです。このバッグは限定発売を開始するとともにすぐに売り切れ、バックパックの次のバージョンに向けて多くの肯定的なレビューやコメント、提案が寄せられました。

その後も私たちは、幾つもの問題を解決することを支援してくれる素材メーカー、縫製工場に恵まれ、2016年には世界中のクラウドファンディングプロジェクトであった「UNO」を立ち上げました。このプロジェクトは2万人以上の支援者によって支えられました。そして私たちのチームと、そしてユーザーのみなさんから寄せられた声は、素晴らしい創造的なアイデアが生まれ、現在のわたしたちのバッグ作りに応用され続けています。